映画 東京オアシス オリジナル・サウンドトラック

7.6 105人评价

大貫妙子 Oonuki Taeko / 大貫妙子 / 原声 / 2011-10-12

唱片简介

見つめてみよう、きっと誰かが見えてくる。
映画『東京オアシス』 オリジナル・サウンドトラック
2011.10.12[wed] Release
風景が、まるで生きもののようにまじわる街、東京。ビルの間を抜けてゆく雲、夜の道に連なる車のあかり、器用に交わし合う人の波。
駆けてゆくようなテンポで移ろう風景は、街をおのずと高揚させます。 そんな東京のどこかから、そして何かから逃げてきた女優・トウコ( 小林聡美)。
彼女がゆく先で出会うのは、どこか別の風景を探してさすらう、迷いの人びとでした。 深夜の高速を車で走るナガノ( 加瀬亮)、映画館で働くキクチ( 原田知世)、動物園にアルバイトの面接を受けに来たヤスコ( 黒木華)。
彼らとそれぞれの時間が、トウコに忘れかけていた風景をよみがえらせ、ふたたび歩き出した彼女の中には、新しい日常が光りはじめます。
それは、東京の街を包む朝もやのような、やさしく確かな光のはじまりでした。人と場所との関係をシンプルに見つめてきたプロジェクトが、いま見つめるもの。
それは、日々の暮しを営む街、東京と、そこに生きる彼ら自身の姿です。みんなと同じほうを向いていれば、過不足なく安泰でいられると信じている街。
そして、ひとりでいることと、誰かと一緒にいることの境界が曖昧になっている人びと。 そんな風景の中で、人が人とふれ合うことは、むずかしく、特別なことのようになっていったのかもしれません。
それぞれの生きものが、それっぞれの時間を過ごすなかでうまれる、ふとしたまじわり。 そんなちいさな出会いがもたらす、心うるおう時間。
人は、そんなうるおいの源を、ひとりひとりの中に持っているのではないのでしょうか。 どこへ向かうのか、さすらいながらも道を選んでいく人びと。
いま見つめているものの、さらにその先へ続く、日常という果てしない旅路。 まじわることのなかったかもしれない、けれどまじわった、誰かとの時間。
日々の風景の中に、そして自分自身の中に、オアシスを探す旅に出てみませんか。 そこにはきっと東京の「いま」が見えてきます。

映画 東京オアシス オリジナル・サウンドトラック的曲目列表

サスライの街

展开

映画 東京オアシス オリジナル・サウンドトラック的短评(14)

推荐映画 東京オアシス オリジナル・サウンドトラック的豆列

喜欢映画 東京オアシス オリジナル・サウンドトラック的人也喜欢

了解更多音乐信息

豆瓣
免费下载 iOS / Android 版客户端