Howl

7.9 21人评价

dip / 摇滚 / 2013-07-17

唱片简介

内容紹介
The Birthday、MO'SOME TONEBENDER、ART-SCHOOLなど数多くのバンドからリスペクトされる日本のオルタナティブ・ギター・ロックの先駆者dip(ディップ)。
4年ぶりのニューアルバムは、POPな「HOWL」(全11曲/収録時間 60分)、サイケな「OWL」(全4曲/収録時間 69分)の2枚同時発売。
メディア掲載レビューほか
ついにdipのニュー・アルバムがリリースされる。フル・アルバム2枚同時リリースというかってないヴォリュームとスケール、しかもニューヨークでMIXを敢行。深刻なCD不況が囁かれる中、大胆としか言いようがないこの英断は、ヤマジカズヒデはじめメンバーのかってなく高まっている創作意欲と、コンディションの良さのあらわれだし、それを精一杯バックアップしようというスタッフの熱意や、それを裏付ける、彼らを巡る状況の良さを物語ってもいる。
dipトリビュート『9Faces』のリリースによる、若い世代を中心とした熱い盛り上がり。ヤマソロなど課外活動の活発化。なにより、ここ数年のライヴの素晴らしい充実ぶり。4年というブランクはあいたが、クリーンになったヤマジは前作直後から精力的に曲作りを始め、ツイッターなどで積極的に情報発信するなど、明らかに以前とは異なるフェイズに突入している。かっては解散寸前まで追い込まれるような状態だったことを思えば、まったく隔世の感があるが、ヤマジ、ナカニシ、ナガタという最強ラインナップが揃った現在のdipは、おそらくバンド史上最高とも言える状態にある。それは今回リリースされる『HOWL』『OWL』の2枚を聴けば、はっきりとわかるはずだ。
シャープでコンパクトでソリッドでポップでメロディアスなロックンロールがぎっしり詰め込まれた『HOWL』と、ディープでヘヴィでヒプノティックな長尺のミニマル・サイケデリック曲が4曲収められた『OWL』。『HOWL』は、ヤマジの作曲能力と、ロックンロール・バンドdipのポテンシャルを見せつけるし、『OWL』のいつ果てるともしれぬオーガズムのように続く演奏は、まさしくライヴでの彼らの魔術のような空間掌握力をまざまざと感じさせる奇跡のような1枚だ。dipの現在形を鮮やかに刻みつけた2枚は間違いなく彼らの最高傑作と断言できる。
長年dipを追い続けてきたぼくにとって、彼らが結成22年目にして、ここまでの高みに到達したことが本当に嬉しい。
そう、dipの黄金期はここから始まるのである。 --小野島 大(2013/5/7)

Howl的曲目列表

Hasty

展开

Howl的短评(5)

推荐Howl的豆列

喜欢Howl的人也喜欢

了解更多音乐信息

豆瓣
免费下载 iOS / Android 版客户端