檸檬

评价人数不足

遊佐未森 / 流行 / 2002-07-10

唱片简介

大正から昭和初期の名曲を遊佐未森がカヴァー。自身の音楽的ルーツを集大成した企画で、長年温めていたもの。「夜来香(イェライシャン)」「蘇州夜曲」など、幅広い年代に聴いてほしい。
いつまで続く昭和歌謡ブーム。しかし、遊佐未森がここで取り上げているのは、昭和時代も前半、戦前戦中の流行歌がほとんどだ。なにせ、一番新しいものでも昭和30年の菅原都々子の(2)、もっとも古いものでは大正4年に松井須磨子が歌った(5)。中途半端にノスタルジックな選曲ではない。タイトルもジャケットも徹底している。彼女は詞も曲も書くひとだが、ここでは“歌の演じ手”であることを意識的に宣言したかったのではないか。それも“時代劇”をきっちり演じられる歌い手である、と。
可憐で上品なハイ・トーン・ヴォイスが100%生かされているのはまずは(3)で、(5)とともに大島ミチルのドラマティックな(しかし決して大仰ではない)アレンジが素晴らしい。(5)では朝川朋之のハープと柴山洋のオーボエも聴きものだ。(2)(9)の独りア・カペラ多重録音は、凡庸なコーラス・グループの流行をやすやすと一掃する、自信に満ちたトラック。朝露のごとき声のしずくに、体、浄(きよ)められます。 (大須賀猛) --- 2002年08月号

檸檬的曲目列表

1. 青空
2. 月がとっても青いから
3. 南の花嫁さん
4. アラビアの唄
5. ゴンドラの唄
6. 小さな喫茶店
7. 夜来香(イエライシャン)
8. 蘇州夜曲
9. 森の小径
展开

檸檬的短评(1)

喜欢檸檬的人也喜欢

了解更多音乐信息

豆瓣
免费下载 iOS / Android 版客户端