New Year's Concert 2002

9.2 346人评价

小澤征爾 / 古典 / 2002-01-19

唱片简介

ついに、われらが小澤征爾が、日本人、いやアジア人として初めて、60余年の歴史を誇るウィーン・フィルのニューイヤーコンサートの指揮台に立った! ハプスブルク王朝時代からの伝統文化を継承する世界最高のオーケストラ、ウィーン・フィルは、ユーロ通貨開始の国際的記念の年に、ヨーロッパを代表し、三顧の礼をもってアジアの偉大なマエストロを迎え入れたのである。この録音はその歴史的なドキュメントでもある。
この重大な演奏会にあたって小澤は普段にもまして綿密な準備で臨み、ウィーン・フィル楽員もそれに最高の演奏でこたえている。「こうもり」序曲でのロザムンデのアリアの哀愁のメロディでの滴り落ちるような美音、「悪魔のダンス」でのたたみかけるようなエネルギッシュな迫力、「ウィーン気質」での弧を描き、弓がしなるような独特の緩急自在なリズム、「チック・タック・ポルカ」での息を呑むスピード感、そして「美しく青きドナウ」で微妙に甘く漂う葡萄酒のような芳香、「ラデツキー行進曲」での小澤ならではの楽しさいっぱいの和やかさ。すべてがすばらしい。
それにしても、小澤の全身から発される生命力のオーラは本当に凄い。人種も文化の違いも越えて、誰もが魅惑されてしまう。ウィーンで小澤が聴衆にも音楽家たちにも絶大な人気を誇るのは当然だろう。
この演奏全体で特に感じられたのは、音楽全体に「愛と幸福のしるし」が満ち満ちていることである。困難と不安のなかで迎えた2002年の冒頭に当たって、「これから再び明るい時代がきっとやってきます! 希望に満ちたいい年になりますように!」という熱くポジティヴなメッセージがここで発信されたことの精神的意味はとても大きい。
2002年秋からのシーズンでいよいよウィーン国立歌劇場の音楽監督の地位につく小澤征爾。ウィーン楽壇と小澤の結婚によって、両者とも画期的な飛躍を遂げるのではないか。そんな期待に思わず胸がふくらむのをどうして抑えられようか?(林田直樹)
メディア掲載评论ほか
2001/2002 OZAWA~スペシャル・活动。小澤征爾指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏による、2002年1月1日にウィーン・ムジークフェラインで行われたニューイヤー・コンサートの模様を収録したライヴ盤の限定盤。 (C)RS

New Year's Concert 2002的曲目列表

1. 喜歌劇「こうもり」序曲(J.シュトラウス2世)
2. ワルツ「芸術家の生涯」op.316(J.シュトラウス2世)
3. 「アンネン・ポルカ」op137(J.シュトラウス1世)
4. ポルカ・マズルカ「おしゃべり女」op.144(ヨゼフ・シュトラウス)
5. ポルカ・シュネル「前進」op.127(ヨゼフ・シュトラウス)
6. ワルツ「水彩画」op.258(ヨゼフ・シュトラウス)
7. ポルカ・マズルカ「とんぼ」op.204(ヨゼフ・シュトラウス)
8. ポルカ・シュネル「おしゃべりな可愛いお口」op.245(ヨゼフ・シュトラウス)
9. 悪魔の踊り(ヘルメスベルガー2世)
10. エリーゼ・ポルカop.151(J.シュトラウス2世)
11. ワルツ「ウィーン気質」op.354(J.シュトラウス2世)
12. ポルカ・シュネル「チク・タク・ポルカ」op.365(J.シュトラウス2世)
13. ポルカ・シュネル「大急ぎで」op.230(ヨゼフ・シュトラウス)
14. 指揮者小澤征爾と楽員からの新年の挨拶
15. ワルツ「美しく青きドナウ」op.314(J.シュトラウス2世)
16. ラデツキー行進曲op.228(J.シュトラウス1世)
展开

New Year's Concert 2002的短评(65)

推荐New Year's Concert 2002的豆列

喜欢New Year's Concert 2002的人也喜欢

了解更多音乐信息

豆瓣
免费下载 iOS / Android 版客户端