加爾基 精液 栗ノ花

9.0 9957人评价

Shiina Ringo / 椎名林檎 / 流行 / 2003-02-23

唱片简介

『加爾基 精液 栗ノ花』(カルキ・ザーメン・くりのはな 英題:Kalk Semen Kuri-no-Hana)は、2003年2月23日に発売された日本の音楽家・椎名林檎の3作目のオリジナルアルバム。発売元は、東芝EMI/Virgin Music。
自身初となる初回盤・通常盤両方が「CCCD」仕様で発売された(先行シングル「茎(STEM)〜大名遊ビ編〜」では通常盤のCCCD)。
2008年7月2日にはデビュー10周年記念アルバム『私と放電』の発売と共に、それまで生産されていたCCCD盤は廃盤され、新たに通常のCD-DA盤として再発売された。
初回限定生産盤には「林檎クン眉唾ステツカー」封入。アナログ盤は2枚組仕様&ボーナストラック収録で、デビュー日である同年2003年5月27日に発売された。
先行発売で今作の世界観を映像化した作品『短篇キネマ 百色眼鏡』が発売された。
通称は「カルキ」で略称はタイトルの英題訳からの三つの単語の頭文字を取った「KSK」(ただし「ザーメン」の単語はドイツ語 である「Samen」)
2000年発売のセカンドアルバム『勝訴ストリップ』以来、妊娠・出産による約1年間の活動休止を経て、3年ぶりとなるオリジナルアルバム。『勝訴ストリップ』発売当初、椎名本人は、3枚目のアルバムは「不思議・猥雑・エキセントリック(ふしぎ・わいざつ‐)」と付け、全編ドイツでのレコーディングで製作しリリースするつもりだった。なお、後に放送されたSSTVによる今作の発売記念特別番組のインタビューによると、「加爾基」が「不思議」、「精液」が「猥雑」、「栗ノ花」が「エキセントリック」の役目を果たしていると語る。
今作は今までの椎名林檎のアルバムでのスタイル「バンド演奏による一発録り」ではなく、オーケストラ、世界各国の民族楽器とプログラミングなどをふんだんに用いている。
今作は椎名林檎本人のセルフ・プロデュースで、過去2枚のアルバムより製作期間が長く、約1年の月日を掛けて製作された。編曲に関しては今まで関わってきたベーシスト亀田誠治の手から離れ、椎名林檎の他にエンジニアである井上雨迩が編曲している。「やっつけ仕事」と収録曲のオーケストラパートはキーボーディストの森俊之が編曲している。
前作同様、曲の配置・歌詞カードの写真など全てシンメトリーに配置されているが、今作はさらに徹底し、収録時間と収録曲の使用楽器までもシンメトリーになるようにし、収録総合時間も「44分44秒」と編集作業で調整。またブックレットの歌詞表記に関しては、椎名林檎が歌詞も今作の重要なツールの1つと考えているため、スタッフの手を借りて旧字体・歴史的仮名遣により記載(楽曲の曲番号も統一)。

加爾基 精液 栗ノ花的曲目列表

1. 宗教
2. ドッペルゲンガー
3. 迷彩
4. おだいじに
5. やつつけ仕事~大名游ビ编~
6. 茎
7. とりこし苦労
8. おこのみで
9. 意识
10. ポルターガイスト
11. 葬列
展开

加爾基 精液 栗ノ花的短评(1212)

加爾基 精液 栗ノ花的乐评(23)

推荐加爾基 精液 栗ノ花的豆列

喜欢加爾基 精液 栗ノ花的人也喜欢

了解更多音乐信息

豆瓣
免费下载 iOS / Android 版客户端