歌词翻译

雷仔不是兄貴
2018-01-06 20:39:33
新专翻了,顺便就把这张单曲也给补了。翻得不妥之处还请指出,谢谢。

1.空に歌えば(若对天高歌)

虚実を切り裂いて 蒼天を仰いで 飛び立った永久
空に歌えば 後悔も否応無く
必然 必然 なるべくしてなる未来だ それ故、足掻け
[劈开虚实 仰望苍天 一飞冲天的永久
若对天高歌 后悔也不容分说
必然 必然 尽力而为的未来 因此 挣扎前行吧]

蜃気楼 涙の川を漕ぎ出して 幾星霜
さよなら 行かざるを得ない 何を失ったとて
[海市蜃楼 从泪河划出 几经星霜
再见 哪怕已有所失去 也必须得走了]

忘れない 悔しさも 屈辱も
胸に飾って
[将无法忘怀的 不甘 屈辱都
装饰在胸口]

虚実を切り裂いて 蒼天を仰いで 飛び立った永久
空に歌えば 後悔も否応無く
必然 必然 断ち切るには眩し過ぎた 未来へ、足掻け
[劈开虚实 仰望苍天 一飞冲天的永久
若对天高歌 后悔也不容分说
必然 必然 面向这断绝太过炫目的未来 因此 挣扎前行吧]

人を傷つけずには 本懐は遂げられず
失って構わないと思える 理想が道しるべ
[不伤人 自然也无法得偿所愿
 失去也无妨 这样的理






























...
显示全文
新专翻了,顺便就把这张单曲也给补了。翻得不妥之处还请指出,谢谢。

1.空に歌えば(若对天高歌)

虚実を切り裂いて 蒼天を仰いで 飛び立った永久
空に歌えば 後悔も否応無く
必然 必然 なるべくしてなる未来だ それ故、足掻け
[劈开虚实 仰望苍天 一飞冲天的永久
若对天高歌 后悔也不容分说
必然 必然 尽力而为的未来 因此 挣扎前行吧]

蜃気楼 涙の川を漕ぎ出して 幾星霜
さよなら 行かざるを得ない 何を失ったとて
[海市蜃楼 从泪河划出 几经星霜
再见 哪怕已有所失去 也必须得走了]

忘れない 悔しさも 屈辱も
胸に飾って
[将无法忘怀的 不甘 屈辱都
装饰在胸口]

虚実を切り裂いて 蒼天を仰いで 飛び立った永久
空に歌えば 後悔も否応無く
必然 必然 断ち切るには眩し過ぎた 未来へ、足掻け
[劈开虚实 仰望苍天 一飞冲天的永久
若对天高歌 后悔也不容分说
必然 必然 面向这断绝太过炫目的未来 因此 挣扎前行吧]

人を傷つけずには 本懐は遂げられず
失って構わないと思える 理想が道しるべ
[不伤人 自然也无法得偿所愿
 失去也无妨 这样的理想才是我的路标]

笑うなら 笑ってよ 嘲笑も
道連れにして
[想笑 就笑吧 与嘲笑
一起上路吧]

あの日の君の声 言いたかった事 言えなかった事
空に歌えば 後悔を振り切って
必然 必然 投げ出すには背負いすぎた それ故、足掻け
[那天你的声音 想说的话 没能说出口的话
若对天高歌 抛开懊悔
必然 必然 这放弃太过负重累累 因此 挣扎前行吧]

苦悩は一陣の驟雨となりて 行かすものかと足にすがる嘲笑の泥濘
雨雲に幽閉 隔離された空 捕縛された暗がりからの逃走
掴んだものはすぐにすり抜けた 信じたものは呆気なく過ぎ去った
それでも、それらが残していった、この温みだけで この人生は生きるに値する
失意の濁流を抜けて 曇天から射す一条の光
その時、既にもう 雨は上がっていた
[苦恼如一阵骤雨 嘲笑的泥泞一副’岂能让你走’的姿态陷住双脚
从被云雨幽闭 隔离的天空 从被捕获的黑暗中逃走
抓住的东西很快就从手中溜走了 信任的事物不费吹灰之力就消散了
即便如此 仅凭它们残存的 温暖 就值得继续这份人生
逃出失意的浊流 从阴天里射出一道光
此时 早已 雨过天晴]

虚実を切り裂いて 蒼天を仰いで 飛び立った永久
空に歌えば
あの日なにか叫んでた君の声 言いたかった事 言えなかった事
空に歌えば 後悔も連れ立って
必然 必然 終わらすには失くしすぎた それ故、足掻け
有限 有限 残り僅かな未来だ それ故、足掻け
[劈开虚实 仰望苍天 一飞冲天的永久
若对天高歌
那天你呐喊而出的声音 想说的话 没能说出口的话
若对天高歌 带上懊悔
必然 必然 这了结太过损失惨重 因此 挣扎前行吧
有限 有限 仅剩的未来 因此 挣扎前行吧]


2.月光、街を焼く(月光、灼烧街市)

カーテンから漏れる月明り それを頼りに書く手紙
今生さらばと結ぶなら 別れの手紙のはずでした
[借助着从窗帘漏出的月光 书写起信来
若今生如此结尾的话 想必是一封诀别的信吧]

色々あったの色々を 未練がましく箇条書き
私の歴史を知る旅路 ペンを銃器に見立てては
[将过去种种的种种 恋恋不舍地按条目写下
知晓我的历史的路途 将笔比喻成枪械的话]

乱射する空想は実感をかすり あるいは誰かに命中し
都市では空が炎上し 冷笑じみた街に高笑い
[乱射的假想擦过实感 又或者命中了谁
都市上空在燃烧 在似是冷笑的街上哄笑]

逃亡の日々がはじまって ついには追い詰められた僻地で
自由を振りかざした僕は 発砲された自由に殺される
[开启逃亡岁月 最后终于被逼到偏僻绝境
大肆宣扬自由的我 却要被自由开枪杀害]

閉じた目 冷めた目 触れた手 それだけ
この旅程  どれだけ この夢 仮初め
[紧闭的双眼 冷漠的眼神 触摸的手 仅此而已
这趟旅程 耗时多少 这个梦想 微不足道]

世界を 燃やして 燃やして 燃やして
あまだれ 逃げ出せ 逃げ出せ 逃げ出せ
[燃烧 燃烧 燃烧 世界
逃离 逃离 逃离 雨滴]


3.たられば(假设)

もしも僕が天才だったなら たった一つだけ名作を作る
死ぬまで遊べる金を手に入れて それこそ死ぬまで遊んで暮らす
もしも僕が王様だったなら 嫌いな奴は全員消えてもらう
僕以外、皆居なくなるかもな なら僕が消えた方が早いか
[如果我是天才 我要留下唯一一部名作
赚取至死都享用不尽的钱财 这才是所谓的极尽享乐
如果我是国王 我要让所有讨厌的人都消失
这样一来大概除我之外就没人了吧 那不如我自己消失为好]

あなたの眠った顔見ていたら こんな僕も
悪くはないなって思えたんだ
無い物ねだりの 尽きない戯言
[若注视着你的睡颜 那这样的我
感觉也不怎么差劲了呢
强人所难的 无尽的戏言]

もしも僕の頭が良かったら 大学に行って勉強するよ
立派な仕事で親孝行して 両親が喜ぶ顔が見たかった
[如果我头脑聪明 我要上大学努力学习
工作出色做个孝子 想看看父母开心的容颜]

もしも僕が優しい人だったら 困ってる人は全員助ける
見て見ぬ振りで素通りして 惨めな気持ちになるのは、もう嫌だ
もしも僕が話し上手だったら 深夜ラジオのパーソナリティーになる
どこかの誰かの辛い一日を 笑顔で終わらせる人になる
[如果我是温柔的人 我要帮助有困难的人
再也不要 视而不见擦身而过后 又痛苦自责
如果我能说会道 我要做一名深夜电台DJ
做一个 能让听众用笑脸来结束辛劳一天的人]

あなたの眠った顔見ていたら こんな僕も
悪くはないなって思えたんだ
無い物ねだりの 尽きない戯言
[若注视着你的睡颜 那这样的我
感觉也不怎么差劲了呢
强人所难的 无尽的戏言]

もしも僕がミュージシャンだったなら 言葉にならない言葉を紡ぐ
誰も聞いた事無い旋律で そんな事考えていたっけな
[如果我是音乐人 我要编织无法言语的语言
用谁也不曾听过的旋律 我曾这么想过的吧]

もしも僕が名医だったなら 親父の病気は僕が治す
照れくさいから言わないけどな そういうとこばっかり似てるよな
[如果我是位名医 我要治好父亲的病
虽然不好意思当面告诉他 在这方面我们还真像呢]

あなたの眠った顔見ていたら こんな僕も
悪くはないなって思えたんだ
無い物ねだりの 尽きない戯言
[若注视着你的睡颜 那这样的我
感觉也不怎么差劲了呢
强人所难的 无尽的戏言]

もしも僕が神様だったなら 喜怒哀楽の怒と哀を無くす
喜と楽だけで笑って生きていて それはきっと贅沢な事じゃない
[如果我是神 我要抹去喜怒哀乐中的怒和哀
只让喜和乐伴随我们笑着活下去 这一定不是什么奢侈的事]

もしも僕が生まれ変われるなら もう一度だけ僕をやってみる
失敗も後悔もしないように でもそれは果たして僕なんだろうか
[如果我能重生 我要试着再做一次我自己
不会失败也不会后悔 然而如此一来究竟我还是我吗]
3
0

查看更多豆瓣高分专辑

回应(0)

添加回应

了解更多音乐信息

豆瓣正在热议

豆瓣
免费下载 iOS / Android 版客户端