自译歌词

ى路德维希W

雪国

好きよあなた 今でも今でも 暦はもう少しで 今年も终りですね 喜欢你哟 矢志不渝 日歷上 暮歲已近 逢いたくて 恋しくて 泣きたくなる夜 そばにいて 少しでも 话を闻いて 追いかけて 追いかけて 追いかけて雪国 想要相逢,恋爱,哭泣的夜晚 追逐着 追逐着 追逐着 寒冷刺骨的雪国 窓に落ちる 风と雪は 女ひとりの部屋には 悲しすぎるわあなた 酔いたくて 泣きたくて ふるえるくちびる 風雪静静降落在窗上,孤身一人的你 惹人断肠 想要大醉,哭泣,你那发颤的嘴唇(惹人怜愛) そばに来て 少しでも わがまま闻いて 追いかけて 追いかけて 追いかけて 即使是任性也请重回我的身边 追寻着 追寻着 追寻着虚无缥缈的雪国 好きな人はいるの あなた バカねバカな女ね 意地をはってた私 你已有喜欢的人啦 愚蠢呐 痴情的女人 固执己见的我 逢いたくて 夜汽车乗る デッキの窓に とめどなく 頬つたう 涙のあとを 想見你 乘上暗夜里的汽車 在入口的窗边永不干涸的泪痕順着脸颊轻轻滑落 追いかけて 追いかけて 追いかけて雪国 追跡着 追跡着 追跡着那令我魂劳夢断的雪国 逢いたくて 恋しくて 泣きたくなる夜 そばにいて 少しでも 话を闻い...

显示全文

雪国

好きよあなた 今でも今でも 暦はもう少しで 今年も终りですね 喜欢你哟 矢志不渝 日歷上 暮歲已近 逢いたくて 恋しくて 泣きたくなる夜 そばにいて 少しでも 话を闻いて 追いかけて 追いかけて 追いかけて雪国 想要相逢,恋爱,哭泣的夜晚 追逐着 追逐着 追逐着 寒冷刺骨的雪国 窓に落ちる 风と雪は 女ひとりの部屋には 悲しすぎるわあなた 酔いたくて 泣きたくて ふるえるくちびる 風雪静静降落在窗上,孤身一人的你 惹人断肠 想要大醉,哭泣,你那发颤的嘴唇(惹人怜愛) そばに来て 少しでも わがまま闻いて 追いかけて 追いかけて 追いかけて 即使是任性也请重回我的身边 追寻着 追寻着 追寻着虚无缥缈的雪国 好きな人はいるの あなた バカねバカな女ね 意地をはってた私 你已有喜欢的人啦 愚蠢呐 痴情的女人 固执己见的我 逢いたくて 夜汽车乗る デッキの窓に とめどなく 頬つたう 涙のあとを 想見你 乘上暗夜里的汽車 在入口的窗边永不干涸的泪痕順着脸颊轻轻滑落 追いかけて 追いかけて 追いかけて雪国 追跡着 追跡着 追跡着那令我魂劳夢断的雪国 逢いたくて 恋しくて 泣きたくなる夜 そばにいて 少しでも 话を闻いて 追いかけて 追いかけて 追いかけて雪国

奥飛騨慕情

風の噂さに 一人来て 湯の香恋しい奥飛騨路 聽聞传言 我只身到來 爱慕着汤泉水中的香氣 踏上奥飛騨路 水の流れもそのままに 君はいで湯のネオン花 ああ奥飛騨 雨がふる 山間水流 亦如昔日 你似温泉中盛放的紅花 啊啊 奥飛騨 雨水降落 情けの淵に咲いたとて 定め悲しい 流れ花 于恋情的深渊中绽放着 宿命般飘荡的悲情花朵 未練の残した 盃に 面影揺れてまた浮かぶ ああ奥飛騨 雨がふる 那满怀依恋的杯盏 摇晃的面影再次浮現 啊啊奥飛騨 雨水洒落 抱いた望みの 儚さを 知るや谷間の白百合よ 怀抱着虚幻的念想如同 山谷間開放的白百何般 泣いてまた呼ぶ雷鳥の 声も悲しく消えてゆく ああ奥飛騨 雨がふる 哭着呼喊着柳雷鸟的聲音 也連带着悲傷一同消逝

0
0

查看更多豆瓣高分专辑

回应(0)

添加回应

推荐青春歌年鑑「演歌歌謡編」1980年代ベスト的豆列

了解更多音乐信息

豆瓣正在热议

豆瓣
我们的精神角落
免费下载 iOS / Android 版客户端
App 内打开