烈火男兒

7.4 74人评价

武内英樹(导演) / 宮本理江子(导演) / 七高剛(导演) / 山田孝之 / 內山理名 / ミムラ / 2004-01-06 上映

烈火男兒的剧集简介

2004年1月6日から3月16日の火曜日21:00~21:54(初回のみ21:00~22:04)に放送されていた。原作は1995年から1999年にかけて週刊少年サンデーで連載されていた『め組の大吾』。同局系でヒットした『WATER BOYS』になぞらえ、番組タイトルに「FIRE BOYS」が加えられた(主人公役も同じ山田孝之)。全11話。平均視聴率は12%。
原作では、架空の神奈川県千国市にある「千国市消防局めだかヶ浜出張所」であったが、ドラマでは東京都多摩地区にある架空の千国市が舞台で、所属も「東京消防庁千国消防署めだかヶ丘出張所」となっている(これは東京消防庁が撮影協力しており、同庁の機材を撮影で使用する為の措置)。また、一部登場キャラの姓名の名や性格が原作と違ったりなどの変更もされている(原作との相違点の一例:五味所長の名前…俊介→一、落合先生…理科教諭→音楽教諭、植木が途中で死亡など多数)。
また、延焼中の建物に突入する際に面体を装着しないなど、演出というレベルではないような、現実ではありえない描写(これはスキューバダイビングするときに、ボンベとスキューバを装着しないのと同じであり、命に関わることである。これについては、撮影協力の一環として消防監修していた東京消防庁にも、多数の抗議が寄せられた)や、前述の設定変更により、フジテレビの公式サイト内BBSが、原作ファン、俳優ファン、消防・防災関係者の三者を中心に非常に荒れた。また、山田孝之と塚本高史の髪形が消防隊員という役であるにも拘わらず坊主でなく、茶髪になってる点も指摘された。
そして、地下鉄でのシーソーの原理によるレスキューは、牛次郎原作の漫画『東京レスキュー』の内容と酷似しており、「盗作ではないか?」と書き込まれ、さらに議論が過熱した。なお、この公式BBSは番組最終回のオンエア終了後、数分の内に閉鎖され、ドラマの総括をしたかった人々などの間で、一時物議をかもした。
また、塚本高史が発表会見で「ドラマの収録がつらく、本当の消防士よりもがんばってます」という主旨の発言を行い、これが、消防関係者やその家族などからの反感を買った。その上、ある雑誌のインタビューで「変な先入観やイメージを持たないようにするために、あえて原作漫画を読んでいない」と発言したことから、原作ファンらの怒りをも買ってしまった。

影人

烈火男兒的 图片(3)

烈火男兒的短评(15)

喜欢烈火男兒的人也喜欢

烈火男兒的剧评(2)

推荐烈火男兒的豆列

了解更多电视剧信息

豆瓣
免费下载 iOS / Android 版客户端