4
夕ぐれ族
夕ぐれ族(1984)
日本 / 剧情 / 喜剧 / 1984-04-20上映 / 片长96分钟

剧情简介

愛人バンク
1982年(昭和57年)に、東京都江戸川区出身の短大卒を自称(実際は高校中退)する女性が、愛人を持ちたい男性と、お金を得たい女性とを仲介し愛人契約させるため、都内に会員制の愛人バンク「ゆうぐれ族」を設立した。創業者の女性社長が、社名と電話番号を印刷したTシャツ姿で深夜番組(テレビ朝日「トゥナイト」など)に出演して一躍マスコミの注目を集め、全国に類似した組織が次々と生まれた。当時、女性社長は「会員は男女合わせて2000人以上」「女性会員の多くが女子大生、OL、看護婦」と話していたため、社会問題になった。
1983年(昭和58年)12月、女性社長は売春斡旋容疑で逮捕され、全国の愛人バンクは事実上廃業する。その後、女性は実刑判決を受け、出所後東京近郊でひっそりと生活していると伝えられている[要出典]。2008年2月2日、NHK BS2の「日めくりタイムトラベル・昭和58年」で、女性元社長の顔にぼかしをかけて「愛人バンク事件」が紹介された。
[編集] 映画
1984年4月20日、にっかつロマンポルノ作品として公開された。映画は実話を題材に性風俗産業の人間模様を描いた。主演の春やすこの濡れ場シーンが話題になった。
あらすじ
まだ二十代前半の人見郁子は話題のセックス産業愛人バンク“夕ぐれ族"の女社長で、テレビのワイドショーなどで引っぱりだこだ。登録する男女には、女子大生を偽る人妻の礼子、二十三歳までバージンで、処女を高く売りつけようとしたが、結局、安く買いたたかれるOLの桂子、マザコンでラーゲの本を手にベッドに入るサラーリーマンの係長がいる。郁子は社長としてマスコミでチヤホヤされているが、実はお飾りにすぎず、影では大窪という男に操られていた。この大窪、ギャンブルと女が大好きで、郁子はもちろん、他の女も事務所で餌食になっていた。この大窪に惚れていたのが女子大生の吉村明子で、郁子と大窪の関係を知り、会に入って組織を乱そうと考えた。明子は宇津井というコピーライターと愛人関係を結び、大窪の気を引こうとするが、彼は相手にしない。郁子はテレビ局で知り合った女優の真理を“夕ぐれ族"のイメージ・ガールにしようとし、彼女も大窪の手ごめにされる。明子の父親、吉村は大阪に住んでいるが、上京するときの相手を求めて入会し、雪絵と愛人契約を結ぶ。一方、娘の明子は大窪を車に乗せるとアクセルを全開、郁子と自分とどっちがいいとつめ寄った。結局二人はドッキング。“夕ぐれ族"の社員、宮口は雪絵が好きになって会員を紹介しなくなり、怒った彼女は事務所を飛び出した。その雪絵を待ちかまえた刑事が、吉村との契約を売春とみなして逮捕、大窪も麻雀をやっているところを捕まった。“夕ぐれ族"の崩壊である。明子と上京していた吉村は、テレビで“夕ぐれ族"摘発のニュースを見て、動揺するのを見破られまいとしながらも、内心ではあせっていた。明子は“夕ぐれ族"の事務所に駆けつけるが、そこはガランと何もなく、ガックリと肩を落としたとき、父親が現れた。バツが悪そうに見つめ合う二人には、乾いた笑いしか浮かばなかった。

演职员

    剧照
    打开App查看全部预告片

    短评 打开App写短评

    喜欢这部电影的人也喜欢