2
炎之料理人
炎の料理人(1995)
日本 / 1995上映

剧集简介

(だいたいの(笑))ストーリー:
戦争が終わった横浜南京町。あたりは掘っ立て小屋のような家が建ちならぶ中国人街。中国人が経営する中華料理店に日本人の兵隊がやってきた。いつも料理を作っていたおじさんが風邪で倒れたため、「今日は料理が作れない」と言っても、納得しない兵隊。そこへ外から帰ってきた周が自分の父親が作っていたチャーハンを思い出し、作ってみることに。
周の父親も、この戦争で亡くなっていた。父親は伝説の料理人だった。
その時作ったチャーハンは、兵隊を感動させ、その噂は瞬く間に広がった。お店は大繁盛するが、一度しか作ったことがないチャーハン。同じ物が2度と作れるわけもなく、客はみんな怒って帰ってしまう。そこへ、現れた周のお父さんをよく知る男。周の学校の先輩でもあるヤン。いきなり鍋を貸してくれと言って作ったチャーハンがすごくおいしく、ショックを受ける周。
そのころ食べるものが乏しく、違法の闇物資で賄っていた。闇物資を売る、友人の孫は横浜に将来自分のビルを建てる、と夢を持っていた。
カニを食べさせてやると言って、横浜の海!?にパンいちで(笑)飛び込む周。手にいっぱい、かにを捕って帰ってきた(笑)。それを蒸して友人に食べさせてあげる周。そのカニを見て、譲って欲しいと声を掛ける石倉の妹、ちえ。家まで持っていってあげると周に言われ、家まで案内するが、手下に阻止される。
カニは、店で大評判になるが…。
直ぐそばに新しい中華料理の店ができた。そこにはライバルのヤンが料理人として働いていた。「料理は人を幸せにする。」と信念を持つ周に対し、ヤンは、そんな周にライバル心を持っていた。ヤンに「すでに蒸したカニは当たり前だ」と言われ、またもショックを受ける周。落ち込む周にメイラン(ひなの)は、「周くんの料理が一人でも好きだと言ってくれればそれで良いのでは?」と声を掛ける。しかし、周は「一人の人間よりも100人においしいと言ってもらいたい。」と反発する。
ある日、お店が立ち退きを強制される。復興をするために石倉産業というヤクザ(鶴太郎)が、街を建て替えると言うのだ。その仲間に友人の孫もいた。店に帰ってみると、店は壊され、おじさんも怪我をさせられていた。ヤンのお店は、その腕を見込まれて、石倉産業に店ごと買い取られていた。ヤンは、石倉に日本人がにくいと言った。なぜ料理を作るのかと聞かれ、「日本人がおいしい、また食べさせて欲しいと言わせる「服従の料理」を作りたいからだ」と言う。
落ち込む周。お酒に手を出した、帰りの遅い周をメイランが探しに行った。そこへまた手下が現れ、メイランに怪我を負わせる。そこに帰ってきた周は、包丁を持ち出し、敵地へ乗り込もうとする。しかし、仲間がそれを止め、包丁は料理を作るものだと諭される。その時、仲間のコウが作った水餃子。それはとてもおいしかった。
石倉の病弱な妹は、兄石倉にもう中国人をいじめるのはやめてくれとお願いするが、聞き入れない石倉。
そんなとき、どうしても立ち退かない古道具屋を立ち退かせるため、石倉は孫を使う。大金を渡し、火を付けるよう指示したのだ。その通り火を付ける孫。
石倉は、金を渡して火を付けさせたとバレる前に、孫を殺してしまおうと狙うが、周に助けられる。その時、孫は、手下に撃たれ、怪我をしてしまう。
石倉の元に周は一人で乗り込む。「復興は自分たちでやる。料理で復興してみせる」と石倉に言う。
そのころ、孫は石倉の手下と対決していた。そこへ乗り込む警察。手下は一網打尽に。
石倉が家に帰ってみると、妹ちえが血を吐いて倒れていた。ちえは昔食べた、周のお店の包子がまた食べたいと言った。
石倉の店の料理人が、周にちえのために、包子を作って欲しいと頼みに来る。最初は断るが、ちえがもう長くないことを知った周はやってみることに…。
ヤンは、周よりおいしいものを作ると、先に作り出してしまう。
作りながら、父の味を思い出す周。しかし、何度やっても失敗する。そんなとき、ヤンは見かねて周にアドバイスを送る。すると、見事に完成。
できあがった包子を試食する石倉達。全員、ヤンの包子を絶賛。次に周の包子を食べてみる。すると昔食べた味を思い出す石倉。石倉は味を絶賛し、この街から手を引くと言ったのだ。
周は料理人として、歩くことを決意する。

演职员

    剧照
    打开App查看全部预告片

    短评 打开App写短评

    喜欢这部电影的人也喜欢