0
山顶的群像
峠の群像(1982)
日本 / 1982-01-10上映
豆瓣评分TM
我要评分

剧集简介

NHK大河ドラマ第20作。
高度成長の坂を登りつめた元禄という"峠"の時代を現代とオーバーラップさせて描いた堺屋太一書き下ろしによる新解釈の忠臣蔵。赤穂藩断絶を現代の企業倒産になぞらえ、仇討ちのヒロイズムよりもサラリーマンつまり赤穂の藩士たちがいかに行動したかを再考する作品となっている。脚本にはデビューして間もない冨川元文が起用され、これによる各回のサブタイトルがユニークであった。というのも、大河におけるサブタイトルのほとんどは名詞形を主体としており、本作のように動詞形のそれが用いられることはあまり例がないのである。配役面では当時人気絶頂にあった"たのきん"のひとり野村義男をはじめ、三田寛子、小泉今日子、錦織一清など、次世代のアイドルが多数起用されている。
01 第一回 高田馬場発赤穂行 後
02 第二回 眠れない夜
03 第三回 内蔵助勉強
04 第四回 大石初陣三十六歳
05 第五回 内蔵助対内蔵助
06 第六回 水戸黄門がんばる
07 第七回 七郎次泥まみれ
08 第八回 内匠頭あぶない
09 第九回 内蔵助ほえる
10 第十回 近松、大石すれ違い
11 第十一回 われら浅野消防団
12 第十二回 おのれ上野介
13 第十三回 内匠頭がまん
14 第十四回 遺恨覚えたか
15 第十五回 内匠頭切腹
16 第十六回 悲報赤穂へ
17 第十七回 近松、赤穂取材中
18 第十八回 内蔵助決めた
19 第十九回 囚われた内蔵助
20 第二十回 七郎次怒る
21 第二十一回 大石斬られるか
22 第二十二回 さよなら、赤穂城
23 第二十三回 石野組できるか
24 第二十四回 石野組できた
25 第二十五回 仇討ちはさせぬ
26 第二十六回 大石傷だらけ
27 第二十七回 片岡斬り込む
28 第二十八回 大石動く
29 第二十九回 内蔵助、記者会見
30 第三十回 仇討ち組を引き抜け
31 第三十一回 大石暗殺計画
32 第三十二回 あの中に、吉良が
33 第三十三回 主税の恋人
34 第三十四回 一人ぬけ二人ぬけ
35 第三十五回 素良と男ふたり
36 第三十六回 大石家離散
37 第三十七回 内蔵助あそぶ
38 第三十八回 おゆう裏切り
39 第三十九回 仇討ち決定
40 第四十回 仇討ち連合成る
41 第四十一回 江戸へ向かう
42 第四十二回 吉良の抜け穴
43 第四十三回 上野介は偽者
44 第四十四回 第一次討ち入り計画
45 第四十五回 その日の朝
46 第四十六回 仕度はできた、いざ
47 第四十七回 吉良邸突入
48 第四十八回 上野介最期
49 第四十九回 大石勝った
50 最終回 伝説のはじまり

演职员

    喜欢这部电影的人也喜欢