0
忠次旅日记
忠次旅日記 第3部「御用篇」(1927)
日本 / 剧情 / 动作 / 1927-12-27上映 / 片长107分钟

剧情简介

越後長岡の造り酒屋澤田屋に番頭として潜伏していた忠次は、束の間の平穏な時期を過ごしている。澤田屋の娘お粂に告白されるが、自分の境遇では受け入れられないと悩む。ある日澤田屋の息子の危機を救うために悪人の音蔵に正体を明かし、捕り手に追われる羽目になる。澤田屋とお粂との犠牲で窮地を脱した忠次は病苦に苦しみながらようやく上州に帰り、成長した勘太郎に合いに行くが、お尋ね者の身では声をかけることすら出来ない。忠次は病気と心痛のあまり山中で倒れ、役人に捕らえられる。一方、文蔵ら子分たちは護送途中の忠次を救い、戸板に乗せて妾のお品が待つ国定村に帰る。寝たきりの忠次を、村人や身内は献身的に看護する。だが、裏切り者が出て隠れ家は捕り手に包囲される。忠次を守るべく子分たちは奮戦するが一人また一人倒され、役人中山精一郎に諭された忠次はお品もろとも縄につく。

演职员

    短评 打开App写短评

    喜欢这部电影的人也喜欢