99+
山下智久ROUTE66~只身一人的美国
山下智久・ルート66〜たった一人のアメリカ(2012)
日本 / 纪录片 / 2012-01-02(日本)上映 / 片长23分钟

剧集简介

10月にNEWSを脱退、ソロに転身した山下智久(26)が、日本テレビ系「山下智久・ルート66~たったひとりのアメリカ」(月曜・深夜1時29分、来年1月2日の初回のみ同1時59分)で米国の著名な国道「ルート66」を一人旅する。ドラマ以外では初のレギュラー番組。自身の誕生年と同じ1985年製の米国車を運転し、シカゴからサンタモニカまで3755キロを走破。一人になっての再出発を米国から図る。
山下が米国に“自分探しの旅”に出た。番組は約3か月をかけて、一人旅に密着する紀行ドキュメント。旅の舞台は米国初の大陸横断道路として米国文化の象徴となった幹線道路の国道66号線、通称「ルート66」だ。山下は自身の誕生年と同じ85年式で「あっくん」と名付けたシボレーC20に乗り、イリノイ州シカゴからカリフォルニア州サンタモニカまでを旅する。
収録は11月3日から同18日まで行われた。以前からの念願だったというカウボーイ体験、ネイティブアメリカンとの交流、そして、今は廃線となったルート66を復興させた「エンジェルおじさん」との出会いなど、様々な出来事に遭遇。「壮大な景色を見て自然を感じたり、たくさんの人たちに出会って人生について語ったり、とにかく自分を見つめ直すいい機会になりました」と話した。1926年に開通したルート66だが、自身が生まれた85年に廃線となったことにも運命を感じたという。
10月にNEWSを脱退。ソロとしての再出発に当たり、リセットの意味も込めて、以前から何度か旅行をしたことがある憧れの米国行きを計画した。マネジャー、メーク担当は同行せず、運転から洗濯、食事も一人でこなした。
同局の鈴江秀樹チーフプロデューサー(CP)は「ソロアーティストとして、一人で立つことを選んだ山下さんが、米国の大自然の中でどう変わっていくのか、どんな成長を遂げていくのかを、ドキュメントとして描きたかった」と企画意図を説明。同CPによると、最初は不安そうな表情も見せていたが「どんどんたくましく強くなった。帰ってきた時、まるで別人のようだった」という。
ソロに転身するに当たり、「斬新なことに挑戦したい」と語っていた山下。ドラマ以外でのレギュラー番組は今回が初めて。米国で“大人の男”になった山下が、2012年、新たなスタートを切る。
◆ルート66 1926年にシカゴからサンタモニカまでを結ぶ米国初の大陸横断道路として開通。数多くの小説や映画などに登場し、「ルート66」というジャズのスタンダード曲も作られるなど、米国の文化の象徴となった。しかし、高速道路の発達を受け、85年に廃線に。今回の旅では、ネイティブアメリカンの聖地サンタフェ、アニメ映画「カーズ」の舞台の町のモデルとなったアムボーイなどを訪問している。
◆シボレーC20 GM(ゼネラル・モーターズ)がシボレーブランドで販売するSUV(スポーツ用多目的車)。別名シボレー・サバーバン。日本未導入だが、米国では1933年から現在も生産されている人気車種で、山下が乗った85年式は8代目。

演职员

    剧照
    打开App查看全部预告片

    短评 打开App写短评

    喜欢这部电影的人也喜欢

    剧评 打开App写剧评