赤西蛎太 赤西蛎太 7.9分

导演

eien99
2018-04-08 16:00:06

伊丹 万作(いたみ まんさく、本名:池内義豊1900年1月2日 - 1946年9月21日)は、昭和初期に活躍した映画監督。日本映画の基礎を作った監督の一人である。映画監督、俳優の

...
显示全文

伊丹 万作(いたみ まんさく、本名:池内義豊1900年1月2日 - 1946年9月21日)は、昭和初期に活躍した映画監督。日本映画の基礎を作った監督の一人である。映画監督、俳優の伊丹十三は実子。小説家大江健三郎は娘の夫。

来歴・人物

愛媛県松山市湊町に生まれる。1912年、松山中学(現・愛媛県立松山東高等学校)に入学する。中村草田男伊藤大輔などと同人雑誌を作り、文才を競った。卒業後、叔父を頼って上京する。程なく、伊藤と同居するようになり、少年雑誌の挿絵などを書いていた。一時期病気の父を見舞うため郷里へ帰ったが、映画監督をしていた伊藤のもとで脚本を書くようになった。因みに伊丹万作の名は伊藤がつけた。

1927年、谷崎十郎プロに俳優として入社する。1928年、片岡千恵蔵プロダクションに助監督脚本家として参加する。同年『仇討流転』で監督デビュー。以後『国士無双』『赤西蠣太』など独特の風刺の効いた作品を発表し、映画界随一の「知性派」として大監督のひとりに数えられた。

1938年の『巨人伝』を最後に監督を辞め、1940年に京都へ帰り、日活で、『無法松の一生』や『手をつなぐ子等』の脚本を書いた。これらの作品は、盟友稲垣浩監督の手で映画化された。1946年9月21日死去。46歳だった。

代表作

  • 仇討流転(1928年)
  • 春風の彼方へ(1930年)
  • 国士無双(1932年)
  • 武道大鑑(1934年)
  • 忠次売出す(1935年)
  • 赤西蠣太(1936年)
  • 新しき土(1937年)
  • 権三と助十(1937年)
  • 巨人伝(1938年)
0
0

查看更多豆瓣高分电影电视剧

回应(0)

添加回应

赤西蛎太的更多影评

推荐赤西蛎太的豆列

了解更多电影信息

豆瓣
免费下载 iOS / Android 版客户端