比海更深 比海更深 8.6分

過去の喜怒哀楽を胸に、また歩き出す

香骨鸡腿
2018-03-06 14:39:55
やっぱり家族映画ですね。家族の人間のキャラとその関係をつぶさに描いて、人間味豊かな作品です。
この中でもっとも演技のある方はこのおばあちゃんです。この映画には、まあやはりいわゆる中国語の鶏湯ですね、癒しのセリフや場面がたくさんあります。それも主におばあちゃんの淑子の口を借りて言うんです。それにこのおばあちゃんはすごいことを言うんです。


まあ、友達作ることは人としてごく普通のことだと私たちはとらえているんですが、でも年を取った人にはどうだろうというのは、今の私たちには考えもしなかったことでしょう。やはり、人生のしっぽまで来て、もう疲れ切っているんでしょうかな。
そして息子には人生の経験をしっかり伝えます。



このダメ








...
显示全文
やっぱり家族映画ですね。家族の人間のキャラとその関係をつぶさに描いて、人間味豊かな作品です。
この中でもっとも演技のある方はこのおばあちゃんです。この映画には、まあやはりいわゆる中国語の鶏湯ですね、癒しのセリフや場面がたくさんあります。それも主におばあちゃんの淑子の口を借りて言うんです。それにこのおばあちゃんはすごいことを言うんです。


まあ、友達作ることは人としてごく普通のことだと私たちはとらえているんですが、でも年を取った人にはどうだろうというのは、今の私たちには考えもしなかったことでしょう。やはり、人生のしっぽまで来て、もう疲れ切っているんでしょうかな。
そして息子には人生の経験をしっかり伝えます。



このダメな男にも私を感動させたセリフがあります。私も時々こういうこと考えるんです。ロマンチックのような、無意味のような、現実を面せざるをないときは、自分を慰める能力も大事だと思います。心が死んでなければ人はまだまだやっていけるといつも思っています。



人生は人それぞれ。この映画の人物と同じように、こんなはずじゃなかった人生を送ってしまう人は大半になると思います。人生ってのは実に複雑のもので、人間関係やら名誉やら家族やら、必死に生き抜かないと歳月にはついていけないものです。逆に、人生はごく簡単なものだと言い張る人もいます。なぜなら、人生や時間という概念はあくまでも人間の錯覚です。一生懸命力を尽くさなくても過ごせるものです。いったいは、どうでしょうね。考えても考えても答えが見つからない問題です。実際に一度生きて行ってみないと分からないかもしれません。
この物語の背景となっている各人の生活は、本当は映画に映っているような、苦痛や悩みが軽いものではありません。映画はその痛みをわざと巧みに隠しているのです。実際の生活はもっともっとつらいものです。しかし、幸いに、小さな幸せや楽しみがあり、ぬくもりもあって、つらさを少し取りのけてくれます。人間は明るみに向かいがちな動物です。


この場面も私の心を打ちました。台風の過ぎた翌朝、各人は過去の喜怒哀楽を胸に、また歩き出す。この映画に、人としての未来を見えた感じがしました。
0
0

查看更多豆瓣高分电影电视剧

回应(0)

添加回应

比海更深的更多影评

推荐比海更深的豆列

提到这部电影的日记

了解更多电影信息

豆瓣
免费下载 iOS / Android 版客户端