不会说名言的校长不是好社员(持更)

乙心
提示:这篇影评可能有剧透

只有日语版。

第一話

僕は君に大学進学を諦めてほしくないんだ。僕は、君に大学に行ってほしい。

奨学金は大変な借金だよ。だから君は、大学に入っても一生懸命勉強しなくちゃいけない。必要な単位は全部取って、遊びもなるべく就活に生きるような経験にして、ちょんと4年で卒業して、しっかりとした仕事に就かなければならない。

それでもこの先、世の中どうなるかなんて分んないよ。一流企業だってつぶれるかもしれないし、少子高齢化どんどん進んでいくし。世界情勢は激変していくだろうし、たくさんの仕事ロボットに取って代われるかもしれない。そんな将来が待っているかもしれない。

だから、生きていくのに必要なスキル、スキルって分かるかな。

君の代わりがいないと言われるような、ひとに必要とされるような力を身に付け行かなきゃならないんだ。

今の君その覚悟があるなら、奨学金もらって、大学行け。

第三話

今日の話が長いです。この間、僕は2年3組で数学の授業をやりました。そん時に、こんな質問を受けました。関数や微分積分を勉強して社会に出て...

显示全文

只有日语版。

第一話

僕は君に大学進学を諦めてほしくないんだ。僕は、君に大学に行ってほしい。

奨学金は大変な借金だよ。だから君は、大学に入っても一生懸命勉強しなくちゃいけない。必要な単位は全部取って、遊びもなるべく就活に生きるような経験にして、ちょんと4年で卒業して、しっかりとした仕事に就かなければならない。

それでもこの先、世の中どうなるかなんて分んないよ。一流企業だってつぶれるかもしれないし、少子高齢化どんどん進んでいくし。世界情勢は激変していくだろうし、たくさんの仕事ロボットに取って代われるかもしれない。そんな将来が待っているかもしれない。

だから、生きていくのに必要なスキル、スキルって分かるかな。

君の代わりがいないと言われるような、ひとに必要とされるような力を身に付け行かなきゃならないんだ。

今の君その覚悟があるなら、奨学金もらって、大学行け。

第三話

今日の話が長いです。この間、僕は2年3組で数学の授業をやりました。そん時に、こんな質問を受けました。関数や微分積分を勉強して社会に出て役に立ちますかって、数学の勉強をして何の意味があるんですかって。うん、その時、僕は答えられなかった。思い返して見れば、僕も高校生の頃に、同じことを考えてました。因数分解や三角関数をやって、社会に出て、何の役に立つのかって。だから、それを思い出してもう一度、考えて見ました。

そしたら、やっぱり、役に立ってる。ま、関数とかは仕事で使ったことはないんだけど、それでも、やっぱり役に立ってると思うんです。数学って、答え辿りつく道筋を探す作業だと思うんです。どこに落とし穴があるか、どこにヒントがあるか。要するに、正しい判断をする力を養う勉強だと思うんです。

例えば、大人になると、怪しい誘いを受けることがあります。この不動産買わないかとか、絶対に損をしない投資話。でも、その人が数学に強かったら、自分が投資したお金が利益を生む仕組みを想像することができるし。逆に、悪質な儲け話の矛盾に気づくことができる。全部の投資の話が嘘だっていうんじゃないよ。ただ、関数や微分積分を勉強することによって、ものの考え方や論理の進め方を学び、それによって、正しい判断をする力を身につけることができる。それが世の中を生きていくスキルになっていく。

漫画家さんは作品を作って売って収入を得ています。命を削って描いた作品をスマホで撮影されて拡散されてしまっては、収入はゼロです。いくらその撮影した人が漫画のことが大好きだと言ったって、実はのその人のことを苦しめているんです。その人を侮辱し、仕事を無意味なものにしてしまっているんです。社会に出たら、みんな働かなくてはなりません。生きていく上には、仕事をしなければならない。君たちのお父さんだって、お母さんだって、働いて、稼いて、君たちを学校に行かせてくれてるんだ。

第四話

みんなに謝ります。僕は、この京明館高校を改革するために、校長として赴任してきました。でも、その改革プランに、みんなは入っていません。卒業が近い3年生だから仕方がなかった。君たちの心を傷つけたのならば、僕の失敗です。ホントにごめんなさい。

ただ敢えて言わせてもらいます。 こんなこと社会に出れば普通にあります。社会では、人は公平に扱われていません。必ずどかで線引きされ、評価され、彼かが選ばれ、誰かが落とされ、そうやってそれぞれの居場所が決まっていくんです。

卒業したら就職人たち立ってもらえますか。 就職組、立ってください。

社会に出たら、理不尽なことはたくさん転がっています。今君は、君たちは僕に腹立てているかもしれないけど、社会での理不尽なんてこんなもんじゃないよ。それは覚悟しておくべきです。

もちろん、入った会社がブラックだったら、そんなのは早く辞めればいい。次の仕事を見つかるのは大変かもしれないんけど、でも、心病んだり、命を落としたりするような職場だと思ったなら、さっさと逃げていいんだよ。でも、先も言ったように、理不尽なことは当たり前に起こります、理不尽な人はたくさんいます。

ちょっと嫌なことがあったからって、それだけで心を折れてしまっては、この先、生きていきません。そんな時に、正に線引きです。どういう時に頑張るのか、どういう時に逃げるのか、よく考えて、線引きしてください。

専門学校に進む人たち、立ってください。

自分の将来のことを今から決めて、そのための勉強を選択することは、素晴らしいと思います。でも、ここでもやっぱり、現実の厳しさがあるんだ。専門学校で習うことは、もう恐らくどんな業種もそうだと思うけど、基礎中の基礎。実際に、その職場に行っても、最初は何もできないと思います。その仕事で必要なスキルは現場で学んで行くんです。だから、こんなはずじゃなかったって思っても、それは普通のことだと思ってください。

仕事をしてお金をもらうということは、簡単な事じゃないんです。

大学に進学する人たち、立ってください。

こんな中のどれくらいの人が勉強するために大学に進学するのか、まあ、僕はよくわかりません。でも、大学を卒業したほうが、就職に有利だからとか、今は将来がやることを決めてないから、とりあえず大学に進学して、それから考えようって思う人も、たくさんいると思います。でも、敢えて言います。

今の京鳴館高校のレベルで、つまり、みんなのレベルで入れる大学は、決して就職に有利と言える学校ではありません。多くの企業は、大学のランクを採用のポイントんに入れます。それが現実です。だからこそみんなは、大卒という肩書きではなくて、ひとりの人間として、人間力で勝負しなければならないんです。だから、大学の四年間は絶対に無駄に過ごせてはいけません。

まあ、僕の経験上から言うと、大学のいいところは、自由が増えるところです。受ける授業を自分で選択することだってできるし、毎朝決まった時間に、起立、礼なんてのはありません。後は、キャンパスで、一人でいても全然大丈夫。高校だったら、その付き合い悪いやつとは思われるかもしれないけど、大学だったら、誰も、なにも言いません。

でも、大学に入れば戸惑うこともあるかもしれません。例えば、政治学部に入れば、どんな授業があると思う?例えば、18世紀のイギリス政治について勉強するわけさ、これはもう、高校以上に、これ一体何の役に立つだろうって思うかも知れない。でも、仕方ないんだ。大学は専門的なことを勉強する場所なんだから。だから、受けたいと思う授業があればおもしろいかもしれないけど、そうでなければ、単位のために、卒業するだけのために頑張らなければならない。それが、大学という居場所なんです。

でも、そこで勉強するのは学問だけではありません。僕は広島から東京の大学に来て、思ったことは、とにかく、いろんなやつがいるっていうことなんです。まあ、同じ学年にも、上にも下にも、いろんな人間がたくさんいました。そんな奴らと、とにかく話ししたりするわけさ、教室とか、サークルの部室とか、居酒屋とか。真面目な話から、どうでもいい話まで。とにかく、熱く、議論をたくさんしました。そうすることで、自分の視野が広がっていくんです。君なんか、そういう体験することで、すごく成長できると思うよ。

今回、みんなに指摘されて、僕は問題を気づくことができました。

やっぱり、人としては正面からぶつからないとならない、黙ってないで、行動を起こさなければならない、そういうことをみんなが僕に思い出させてくれました。

大学に行くみんなは、これからの四年間が、これからの人生を決めるくらいに、思っていなければなりません。僕たち企業の人間から見ると、ダメな奴はすぐ分かっちゃう。どんなに自己アピールしても、どんなに話盛っても、嘘はすぐ見抜かれてしまいます。だから、そういった場所で、君たち語るべきことは、実際に自分たちが体験したことや、自分たちが感動したこと、感じたこと、そういったことでなければなりません。

君たちまだ10代です。これから10年後、20年後、どうなるかなんてわかりません。もちろん、将来どうなりたいかもう決めていて、逆算して、それに向かう努力をして、実際にそうなれれば、それはそれでいいけど。もし今、将来の自分をイメージできないとしても、それはそれでかまいません。だって、10代の君たが思いつく仕事なんか、 たかが知れてんだから。

これからみんなは、沢山の人に出会うと思います。色んな事を体験して、色んなことを考えていくでしょう。そうした中で。自分がどういう人間なのか、分かっていき、自分にふさわしい仕事が見つかっていくと思います。まあ、そうしたなかで、君たちの事を分かってくれる。誰かが、こっちきたらーなんて誘ってくれることもあると思います。そうやって自分の仕事を見つけた大人は、沢山います。

思い通りの人生なんて、 絶対にないよ。絶対に。

人は壁にぶつかり、悩み考えることで、自分を作り、その壁を乗り越えることで自信をもっていくんだ。一番ダメなのは、何もしないことです。何もしない奴には、チャンスはやってこない。サッカーだってそうだ。走ってる奴にしかパスは回ってこない。

これから京明館高校は変わっていきます。でも、みなさん3年生も大事な生徒であることには変わりありません。これから卒業まで残り5か月。最後まで自分と向き合って。友達を大切にし、出来るなら、後輩たちを励まして。充実したと言い切れるような高校生活過ごしてください。

0
0

查看更多豆瓣高分电影电视剧

回应(0)

添加回应

不过是先出生的我的更多剧评

推荐不过是先出生的我的豆列

了解更多电视剧信息

值得一读

    豆瓣
    我们的精神角落
    免费下载 iOS / Android 版客户端
    App 内打开