紧急救命2 紧急救命2 8.7分

コード・ブルー2nd seasonナレーション

哈小雷
コード・ブルー-2nd season- STORY#01 『聖夜の奇跡』

「救急医になって、最初に覚えた事。
 救命の世界に、奇跡は無い、ということ。
 突然の怪我や病が、容赦なく人を襲い、
 不条理に人生を変えていく。
 愛と勇気だけでは、患者は蘇らない。
 助けるのは、術者の技術と、エピネフリン。
 そう。救命の世界に、奇跡はない。」
   ...
「救命の世界に奇跡はない。
 医者になって最初に覚えたこと。
 2番目に覚えたのは、患者を前にして、奇跡を願わない
 医者はいない、ということ。
 そう。
 人は奇跡を願わずにはいられないということだ。」


コード・ブルー-2nd season- STORY#02 『自らの道』

「大量出血の患者を診るとき、
 或いは、シニアの病巣を捉える的確な判断と、
 迅速な結紮手技を目の当たりにしたとき、
 フェローは、自身の未熟さを知り、
 呆然となる。
 そして、次に思う。
 これが、本当の自分?
 いや、違う。違うと信じたい。
 でも、そもそも本当の自分って、
 何?」
  ...
「自分探しで見...
显示全文
コード・ブルー-2nd season- STORY#01 『聖夜の奇跡』

「救急医になって、最初に覚えた事。
 救命の世界に、奇跡は無い、ということ。
 突然の怪我や病が、容赦なく人を襲い、
 不条理に人生を変えていく。
 愛と勇気だけでは、患者は蘇らない。
 助けるのは、術者の技術と、エピネフリン。
 そう。救命の世界に、奇跡はない。」
   ...
「救命の世界に奇跡はない。
 医者になって最初に覚えたこと。
 2番目に覚えたのは、患者を前にして、奇跡を願わない
 医者はいない、ということ。
 そう。
 人は奇跡を願わずにはいられないということだ。」


コード・ブルー-2nd season- STORY#02 『自らの道』

「大量出血の患者を診るとき、
 或いは、シニアの病巣を捉える的確な判断と、
 迅速な結紮手技を目の当たりにしたとき、
 フェローは、自身の未熟さを知り、
 呆然となる。
 そして、次に思う。
 これが、本当の自分?
 いや、違う。違うと信じたい。
 でも、そもそも本当の自分って、
 何?」
  ...
「自分探しで見つかるのは、
 大抵は、嫌になるような惨めな自分。
 が、そんな自分と向き合って、
 愕然として立ち止まるか、
 一歩進むかも又、自分次第だ。
 向いている方向が前なのか後ろなのか、
 それすらも確かでないけれど、
 私たちは、一歩足を踏み出したい。
 ダメな自分と一緒に。」


コード・ブルー-2nd season- STORY#03 『真実と嘘』

「人はなぜ、本当のことを知りたがるのだろう。
 いい結果をもたらす嘘は、不幸をもたらす真実よりいい。
 昔読んだ本の一節だ。
 なのに人は、真実を知りたがる。
 そして・・・不幸が始まる。」
  ...
「嘘をつくなら、いっそ、嘘を突き通してほしいと
 思うことがある。」
「だけど、医者にそれは許されない。
 事実を伝えるのは、医者の仕事だ。」
「医者は、事実を伝えなければならない。
 たとえそれが、どんな残酷な事実だったとしても。」


コード・ブルー-2nd season- STORY#04 『過ぎし日』

「既往歴。
 過去の病歴を聞くのは、医者にとって大切な仕事の一つ。
 それによって診断は左右され、処置も変わってくる。
 そう。それは人だって一緒。
 いつだって、人は過去に左右され、囚われる。
 苦い過去。
 辛い過去。
 切ない過去。
 たまに過去と、決別するものもいるが、
 大抵の場合、人はそれを引きずっている。」
 ...
「過ぎ去った日々は、決して戻ってこない。」
「そして、取り消す事も出来ない。
 自らの生きた今が、明日には過去の思い出となる。
 つまり、過去は自分の生きた証だ。」
「だが、どうすればいいのだろう。
 思いも寄らない過去に、知るよしもない過去に、
 突然出会ったとき、
 人は、どうすればいいのだろう。」


コード・ブルー-2nd season- STORY#05 『愛する人』

「医者は、患者を治すためにあらゆる手を尽くす。
 ありったけの経験と知識と腕を総動員して、
 何とか患者を死の淵から引きずり戻そうとする。
 そして、全ての努力の後、知る。
 それでも、助けられない事もある・・・と。」
 ...
「あらゆる手を尽くしても、どうしようもないこともある。
 その時、最後に出来ることは・・・
 そう。側にいること。
 側に寄り添い、その息遣いを感じる事で、
 人は癒される事もある。
 でも・・・どうしたらいいんだろう。
 寄り添える相手が・・・いない時は。」


コード・ブルー-2nd season- STORY#06 『秘密』

「真実を話すのは難しい。
 人は、様々な理由で真実を隠す。」
「そして、隠されれば隠されるほど、
 人はその扉を開けようとする。
 そこに、何が待っているかも知らずに。」
 ...
「大切な人が、真実を隠す。
 それは、相手を傷つけまいとする、愛情だったりする。
 なのに人は、その隠し事を暴こうとする。」
「そして、後悔する。
 なぜ自分は、騙され続けてやらなかったのか。」


コード・ブルー-2nd season- STORY#07 『あやまち』

「結果より、努力する過程が大切だ。
 そんなこと、真っ赤な嘘だ。
 大人になって人は気付く。
 人は、結果でしかものを見ない。
 手を抜いて、結果が悪ければ納得はいく。
 問題は、死ぬほど努力して、結果が悪かったとき。
 そんな時、人は・・・
 私たちは・・・どうすればいいんだろう。」
 ...
「結果とは、なんて残酷なものだろう。
 大学の医学部に6年間。
 100冊を越える医学書。
 全て、将来患者を救うためと信じて費やした
 途方もない時間。
 それも、悪い結果が出ると、全てを吹き飛ばしてしまう。
 たった一度のミスで、全てを失ってしまう。
 そして、医者は傷つく。
 その悪い結果は連鎖し、予想も出来ない結果を、
 連れて来る。」


コード・ブルー-2nd season- STORY#08 『理由』

「月300時間を越える労働。
 徹夜続きの研究。
 その為に友人を失い、家族からも疎まれる。
 大切な事を犠牲にして、医者が身を粉にして働く理由は、
 何だろう。
 お金?名誉?
 医者は、何のために働くのだろうか。」
 ...
「何のために医者をやるのか。
 世の中に必要とされている充足感?
 人を救うという使命感?
 いや、本当の理由は・・・
 大切な人の笑顔の為だったり、
 患者からのありがとうの言葉だったり、
 たったそれだけのことで、
 医者は全てを犠牲にして、頑張れたりする。」
「でも・・・」
「でも・・それすらも信じられなくなったものは、
 どうすればいいんだろう。」


コード・ブルー-2nd season- STORY#09 『心の傷』

「連続縫合、水平マットレス縫合、スキンステイプラー。
 破れた傷を縫う方法を、外科医は何通りも知っている。
 だが、心の傷は・・・
 心の傷を縫い合わせるには、どうすればいいんだろう。」
...
「心の傷を癒す簡単な方法は・・・ない。
 ただ、こうも思う。
 心の傷は、きっと必要なものだ。
 なぜなら、心に傷を負うことで、
 他人の痛みに気付けるようになれるから。」


コード・ブルー-2nd season- STORY#10 『岐路』

「医療行為とは、選択の連続だ。
 出血を覚悟で手術に踏み切るか、
 保存的治療で押し通すか。
 いずれにせよその分かれ道は、
 選んでしまえば二度と引き返せない。
 リセットは出来ない。
 それは、人生と同じ。
 不確かな分かれ道の連続。
 でも、どちらかを選び、進んでいくしかない。
 人生の岐路は、容赦なく迫ってくる。」


コード・ブルー-2nd season- STORY#11 『卒業~奇跡の定義』

「救命の世界に奇跡はない。
 そんなことはわかっている。
 奇跡を願わない医者はいない。
 それもわかっている。
 だが、世の中には確かにあるのだ。
 奇跡なんていう言葉が、虚しくなるような、
 絶望的な状況が。」
...
「救命の世界に奇跡はないl
 それは事実だ。」
「でも、そもそも奇跡とは何だろう。
 自分や自分の大切な人が、健康であること。
 打ち込める何かがあること。」
「間違いを正してくれる上司や仲間がいたり、
 負けたくないと思える相手がいること。
 そういうささやかな幸せを奇跡と言うのなら、
 俺たちの生きているこの世界は、
 奇跡で溢れているのかもしれない。
 ただ、それに気付かないだけで。
 ・・・そう。すぐ側にあるのだ、沢山の奇跡が。」
0
0

查看更多豆瓣高分电影电视剧

回应(0)

添加回应

紧急救命2的更多剧评

推荐紧急救命2的豆列

了解更多电视剧信息

值得一读

    豆瓣
    我们的精神角落
    免费下载 iOS / Android 版客户端