山本周五郎名作《鼓くらべ》原文

avatar 徐大水 2010-10-24 21:49:19

鼓くらべ 庭先に暖かい小春日の光があふれていた。おおかたは枯れた篱の菊の中に、もう小さくしか咲けなくなった花が一轮だけ、茶色に缩れた枯れ叶の间から、あざやかに白い花びらをつつましくのぞかせていた。 お留伊は小鼓を打っていた。加贺国森本で一番の绢问屋の娘で、年は十五になる。目鼻だちは优れて美しいが、その美しさはすみ通ったギヤマンのつぼのように冷たく、胜ち気な、おごった心をそのままえがいたように见える。ひとみは激しい光を帯び、朱いくちびるを引き结んでけんめいに小鼓を打っている姿は、美しいというよりはすさまじいものを感じさせる。 ここは、広い庭の外れにある离れ屋で、后ろを松林に囲まれていた。鼓の音はとうとうと松林に反响した。みじんのゆるみもなく张りきった音色である。 やがて、打ち终わったお留伊は、篱の方を静かに见やって、「そこにいるのはだれです。」と呼びかけた。一轮だけ咲き残った菊の阴から、一人の老人がおずおずと身を起こした。ひどくやせた体つきで、身なりも贫しく、前かがみになって、不精らしく左手だけをふところ手にしている。鼓の音があまりに见事なので、ついさそわれてきたのだ、と老人は言った。 「おまえは、津幡の能登屋から何かたのまれてきたのでしょう。」というお留伊の冷ややかな问いに、「私は旅の者でございます。」と老人は答えた。 长い间他国を流れ歩いていたが、せめて先祖の地で死にたいと、生まれ故郷の福井へ帰る途中、持病が出て、宿外れの宿に半月ほども泊まっているのだという。そして、五日前、外を通りかかって「男舞」の曲をきいて以来、ずっと来ているのだ、と老人は言った。 「庭の外ならかまわないから、いつでもききにおいで。」とお留伊は疑いの解けた様子で言った。老人は丁重に礼を述べ、やはり左手をふところ手にしたまま、静かに立ち去った。 明くる日も、老人は来た。それからその翌日も……。お留伊は、次第にその老人に親しさを感じ始めた。そして、いろいろと話し合うようになった。老人は口数の少ない、どちらかというと話し下手であったが、それでも少しずつは身の上が分かった。 老人は、名もない絵師だと言った。そして、わずかな絵の具と筆を持って、旅から旅を渡り歩く困難な生活を過ごしてきたという。苦しかったこと、かなしくつらかったこと、お留伊には縁の遠い世間の、涙とため息に満ちた数々の話をしながら、けれど老人の声音にはいつも温雅な感じがあふれていた。……そして、いつでも話の結びにはこう言った。 「そうです、私はずいぶん世間を見てきました。なかには万人に一人も経験することのないような、おそろしいことも味わいました。そして、世の中に起こる多くの苦しみや悲しみは、人と人とがにくみ合ったり、ねたみ合ったり、自分の欲に負かされたりするところからくるのだということを知りました。……わたしには今、いろいろなことがはっきりと分かります。命はそう長いものではございません。すべてがまたたくうちに過ぎ去ってしまいます。人はもっともっとゆずり合わなくてはいけません。もっともっと慈悲を持ち合わなくてはいけないのです。」老人の言葉は静かで、少しも押しつけがましい響きを持っていなかった。それで、こういうふうな話を聞いた後では、不思議にお留伊は心が温かく和やかになるのを感じた。 「いつか、能登屋がどうしたとかおっしゃっていましたが。」ある日、老人がきた。「……津幡の能登屋といえば名高い海産物問屋だと存じますが、こちら様と何かわけがあるのでございますか。」 「別に難しいわけではないのだけれど、お正月に金沢のお城で鼓くらべがあるの。それでこの近郊からは、能登屋のお宇多という人とあたしと、二人がお城へ上がることになったんです。」 新年の嘉例として、領主在国のときには、金沢の城中で観能がある。その後で、民間から鼓の上手を集め、御前でくらべ打ちをもよおして、抜きん出た者には賞があたえられる。……今年もまたそれが間近にせまっているので、賞を得ようとする人々はけんめいに技をみがいていた。 お留伊は幼いころから優れた腕を持っていたので、教えに通ってくる師匠の観世仁右衛門は、これまでに幾度もお城へ上がることを勧めていた。けれど、勝ち気なお留伊は、御前へ出て失敗したときのことを考え、もう少しもう少し延ばしてきたのである。……能登屋のお宇多という娘は十六歳で、もう二度もお城へ上がっているが、まだ賞を与えられたことは一度もなかった。そのうえ今度はいよいよお留伊が上がるというので、それとなく人をよこしてはこちらの様子を探るのであった。 「そうでございますか。」老人は納得がいったようにうなずいた。 「……それで私を、能登屋から探りに来た者とおぼしめしたのでございますな。」 「でも、同じようなことが何度もあったのだもの。」 「私はすっかり忘れておりました。」老人は遠くを見るように言った。 「……鼓くらべはもう取りやめになったかと思っていたのです。」 「どうしてそう思ったの。」 老人は答えなかった。……そして、どこか遠くを見るような目つきをしながら、ふところ手をしている左の肩を、そっとゆり上げた。 それから二日ほどすると、急にお留伊は金沢へ行くことになった。師匠の勧めで、城下の観世家から手直しをしてもらうためである。そのけいこは二十日ほどかかった。観世家でもお留伊の腕は抜群だといわれ、大師匠が自分で熱心にけいこをつけてくれた。……もう鼓くらべで一番の賞を得ることは確実だった。大師匠もそうほのめかしていたし、それ以上にお留伊は強い自信を持っていた。 森本へ帰ったのは十二月の押しせまったころであった。 あの老絵師はどうしているだろう。家へ帰って、何よりも先に考えたのはそのことだった。……まだこの町にいるだろうか。それも故郷の福井へもう立っていったか。もしまだいるとすれば、自分の鼓をききに来るにちがいない。 お留伊はそう思いながら、残っているわずかの日を、一日もおこたらず離れ屋で鼓のけいこに暮らしていた。けれど、老人の姿は見えなかった。 すでに雪の季節に入っていた。重たく空に広がった雲は今や全て動かなくなり、毎日細かい雪がちらちらと絶えず降ったりやんだりした。……初めのうちはたまたまさしかける日のぬくみにも解けた雪が、家の陰に残り、垣の根に残りして次第にその翼を広げ、やがて堅く凍てて今年の根雪となった。 おおつごもりの明日にせまった日である。お留伊が鼓を打っていると、庭の小柴垣の所へ、雪蓑に笠をつけた人影が近寄ってきた。――――まあ、やっぱりまだいたのね。 お留伊は、あの老人だと思って、鼓をやめて縁先まで立っていった。……けれどそれは、あの老人ではなく、まだ十二、三の見慣れぬ少女であった。 「あの、お願いがあってまいりました。」 少女は、お留伊を見ると、笠をとりながら小腰をかがめた。 「おまえ、だれなの。」 「私、宿外れの松葉屋と申す宿屋の娘でございますが、うちに泊まっておいでの老人のお客様から、お嬢様に来ていただけますようにって、たのまれてまいりました。」 「あたしに来てくれって?」 「はい、病気がたいへんお悪いのです。それで、もう一度お嬢様のお鼓をきかせていただいてから死にたいと、そう申しているのです。」 あの老絵師だということはすぐに分かった。 ふつうの場合なら、いくら相手があの老人であっても、そんな所へ出かけていくお留伊ではなかった。けれど……老人は今重い病床にあるという、そして死ぬ前に一度自分の鼓をききたいという、その二つのことがお留伊の心を動かした。 「いいわ、行ってあげましょう。」彼女は冷ややかに言った。 「……おまえ、あたしの鼓を持っておいで。それから、家の者に知れてはいけないから、静かにしておくれ。」 手早く身支度をしたお留伊は、その娘に鼓を持たせて家を出た。松葉屋というのは、宿外れにある、きたない木賃宿であった。老人は、ひと間だけ離れている裏の、せまいすすけた部屋にねていた。 「ようおいでくださいました。」老人は、おとろえた双眸に感動の色を表しながら、じっとお留伊の目をみつめた。 「……御城下へおいでになったとうかがいましたので、もう二度とお嬢様のお鼓はきけないものとあきらめておりました。……ありがとうございます。ようおいでくださいました。」 お留伊はただ微笑で答えた。……自分の打つ鼓に、この老人がそんなにも大きな喜びを感じている。そう思うと不思議に、金沢で大師匠にほめられたよりも強い自信と、ほこらしい気持ちがわき上がってきた。 「いや、お待ちくださいまし。」お留伊が鼓を取り出そうとすると、老人は静かにそれを制しながら言った。 「……今思い出したことがございますから、それを先にお話申し上げるとしましょう。」 「あたし、家へ断りなしで来たのだから……」 「短いお話でございます。すぐに済みます。」老人はそう言って、苦しそうにちょっと息を入れながら続けた。 「……お嬢様は正月の鼓くらべに、お城へお上がりなさるのでございましょう?」 「あがります。」 「私のお話も、その鼓くらべにかかわりがございます。お嬢様はご存じないかもしれませんが、昔……もうずいぶん前に、観世の囃子方で市之丞という者と六郎兵衛という者が、御前で鼓くらべをしたことがございました。」 「知っています、『友割りの鼓』のことでしょう。」 「ご存じでございますか。」 十余年前に、観世市之丞と六郎兵衛という二人の囃子方があって、小鼓を打たせては龍虎と呼ばれていたが、二人とも負けぎらいな激しい性質で、常々互いに相手をしのごうとせり合っていた。……それが、ある年の正月、領主前田候の御前で鼓くらべをした。どちらにとっても一代の名を争う勝負だったが、ことに市之丞の意気はすさまじく、曲半ばにいたるや、精根を尽くして打ちこむ気合いで、ついに相手の六郎兵衛の鼓を割らせてしまった。打ちこむ気合いだけで、相手の打っている鼓の皮を割ったのである。一座はその神技に驚嘆して、「友割りの鼓」と今に語り伝えている。 「私は福井の者ですが、」と、老人は話を続けた。「……あのときのさわぎはよく知っております。市之丞の評判はたいそうなものでございました。……けれど、それほどの面目をほどこした市之丞が、それから間もなくどこかへ去って、行方知れずになったということを存じでございますか。」 「それも知っています。あまり技が神に入ってしまったので、神がくしにあったのだと聞いています。」 「そうかもしれません。本当にそうかもしれません。」老人は息を休めてから言った。 「……市之丞は、ある夜自分で、鼓を持つほうの腕を折り、生きている限り鼓は持たぬとちかって、どこともなく去ったと申します。……私は、その話を聞いたときにこう思いました。すべて芸術は、人の心を楽しませ、清くし、高めるために役立つべきもので、そのためにだれかを負かそうとしたり、人を押しのけて自分だけの欲を満足させたりする道具にすべきではない。鼓を打つにも、絵をかくにも、清浄な温かい心がない限り、なんの値打ちもない。……お嬢様、あなたは優れた鼓の打ち手だと存じます。お城の鼓くらべなどにお上がりなさらずとも、そのお手並みは立派なものでございます。おやめなさいまし。人と優劣を争うことなどはおやめなさいまし。音楽はもっと美しいものでございます。人の世で最も美しいものでございます。」 お留伊を迎えに来た少女が、薬湯を飲む時だと言って入ってきた。……老人は苦しげに身を起こして薬湯をすすると、話しつかれたものか、しばらくじっと目をつむっていた。 「では、きかせていただきましょうか。」老人は、長い沈黙の後で言った。 「……もうこれがきき納めになるかもしれません。失礼ですが、ねたままでごめんをこうむります。」 金沢城二の曲輪に設けられた新しい楽殿では、城主前田候をはじめ重臣たち臨席のもとに、嘉例の演能を終わって、すでに、鼓くらべが数番も進んでいた。 これにはいろいろな身分の者が加わるので、城主の席には御簾が下ろされている。お留伊は、ひかえの座からその御簾の奥をすかし見しながら、幾度も総身のふるえるような感動を覚えた。……しかし、それは気後れがしたのではない。楽殿の舞台で次々に披露される鼓くらべは、まだどの一つも彼女をそれさせるほどのものがなかった。彼女の勝ちは確実である。そして、あの御簾の前に進んで賞を受けるのだ。遠くから姿を拝んだこともない大守の手で、一番の賞を受けるときの自分を考えると、そのほこらしさと名誉のかがやかしさに身がふるえるのであった。 やがて、ずいぶん長い時がたってから、ついにお留伊の番がやってきた。 「落ち着いてやるのですよ。」師匠の仁右衛門は、自分のほうでおろおろしながらくり返して言った。 「……御簾の方を見ないで、いつもけいこするときと同じ気持ちでおやりなさい。大丈夫、大丈夫きっと勝ちますから。」 お留伊は、静かに微笑しながらうなずいた。 相手はやはり、能登屋のお宇多であった。曲は「真ノ序」である。……拝礼を済ませて、お留伊は左に、お宇多は右に、互いの座をしめて鼓をとった。 そして、曲が始まった。お留伊は自信をもって打った。鼓はその自信によくこたえてくれた。使い慣れた道具ではあったが、かつてそのときほど快く鳴り響いたことはなかった。 ……三ノ地へかかったとき、早くも十分の余裕をもったお留伊は、ちらと相手の顔をみやった。 お宇多の顔はあおざめ、そのくちびるは引きつるように片方へゆがんでいた。それは、どうかして勝とうとする心をそのまま絵にしたような、激しい執念の相であった。 そのときである、お留伊の脳裏にあの旅絵師の姿がうかび上がってきた、ことに、いつもふところから出したことのない左の腕が!――あの人は観世市之丞様だった。 お留伊は愕然として、夢から覚めたように思った。 老人は、市之丞が鼓くらべに勝った後で自分の腕を折り、それも鼓を持つほうの腕を、自ら折って行方をくらましたと言ったではないか。……いつもふところへかくしている腕が、それだ。―――市之丞様だ。それにちがいない。 そう思う後から、目の前に老人の顔があざやかなまぼろしとなってえがき出された。それから、あの温雅な声が、耳ともではっきりこうささやくのを聞いた。……音楽はもっと美しいものでございます。 お留伊はふり返った。そしてそこに、お宇多のけんめいな顔を見つけた。ひとみのうわずった、すでに血の気を失ったくちびるを片方へ引きゆがめている顔を。 ―――音楽はもっと美しいものでございます。人と優劣を争うことなどおやめなさいまし。音楽は人の世で最も美しいものでございます。老人の声が再び耳によみがえってきた。……お留伊の右手がはたと止まった。 お宇多の鼓だけが鳴り続けた。お留伊はその音色と、意外な出来事に驚いている客たちの動揺を聞きながら、鼓を下ろしてじっと目をつむった。老人の顔が笑いかけてくれるように思え、今まで感じたことのない、新しい喜びが胸へあふれてきた。そして、自分の体が目に見えぬいましめを解かれて、やわらかい青草の茂っている広い広い野原へでも解放されたような、軽い生き生きとした気持ちでいっぱいになった。 ―――早く帰って、あの方に鼓を打ってあげよう。この気持ちを話したら、きっとあの方は喜んでくださるにちがいないわ。お留伊はそのことだけしか考えなかった。 「どうしたのです。」舞台から下りてひかえの座へもどると、師匠はすっかり取り乱した様子でなじった。 「……あんなにうまくいったのに、なぜやめたのです。」 「打ち違えたのです。」 「そんなばかなことはない。いや、そんなばかなことは断じてありません。あなたはかつてないほどお上手に打った。私は知っています、あなたは打ち違えたりはしなかった。」 「私、打ち違えましたの。」お留伊は微笑しながら言った。 「……ですから、やめましたの。すみませんでした。」 「あなたは打ち違えはしなかった、あなたは。」 仁右衛門はやっきとなって、同じことを何十回となくうり返した。 「……あなたは打ち違えなかった。そんなばかなことはない。」と。 父や母や、集まっていた親族や知人たちにも、お留伊はただ、自分が失敗したと告げるだけであった。だれが賞をもらったかということも、もう興味がなかった。ただ少しも早く帰って老人に会いたかった。森本へ帰ったのは正月七日の暮れ方であった。つかれてもいたし、粉雪(こなゆき)がちらちらと降っていたが、お留伊はだれにも知れぬように裏口から家を出ていった。 「まあ、お嬢様!」 松葉屋の少女は、不意に訪ねてきたお留伊を見て、驚きの目をみはった。 ……そしてすぐ、きかれることは分かっているというふうに、「あのお客様は亡くなりました。」と。当たり前すぎる口調で言った。 「……あれからだんだんと病気が悪くなるばかりで、とうとうゆうべお亡くなりになりました。おとむらいは明日だそうでございます。」 お留伊は裏の部屋へ通された。老人は、貧しい樒のつぼと、細い線香の煙に守られていた。……お留伊は顔の布をとってみた。おとろえきった顔であった。つぶさになめてきた世の辛酸が、刻まれているしわの一つ一つにしみこんでいるのであろう。けれど、今すべては終わった。もうどんな苦しみもない。困難な長い旅が終わって、老人は今安らかな、目覚めることのない眠りの床についているのだ。 ―――ようなさいました。 お留伊には老人の死に顔が、そう言って微笑するように思えた。 ―――さあ、私にあなたのお手並みをきかせてくださいまし。 「私、お教えで目があきましたの。」お留伊はささやくように言った。 「……それで、いろいろなことが分かりましたわ。今日まで自分がどんなにみにくい心を持っていたか、どんなに思い上がった、たしなみのない娘っであったか、ようやくそれが分かりましたわ。それで、急いで帰ってきましたの。お目にかかってほめていただきたかったものですから。」 お留伊のほおに、初めて温かいものがしたたった。それから長い間、袂で顔をおおいながら声をしのばせて泣いた。……長い間泣いた。 「今日こそ、本当にきいていただきます。」やがて涙を押しぬぐって、お留伊は袱紗を解きながらささやいた。 「……今日までのようにではなく、生まれ変わった気持ちで打ちます。どうぞおききくださいまし、お師匠様。」 今はもう、老人が観世市之丞であるかどうか確かめるすべはない。けれど、お留伊は固くそう信じているし、またよしそうでないにしても、老人の枕辺に端座して、こころを静めるようにしばらく目を閉じていた。……南側のすすけた障子にほのかなたそがれの光が残っていて、それが彼女の美しい横顔の線を、暗い部屋の中にまぼろしのごとくえがき出した。 「いイやあ――。」 こうとして、鼓は、よくすんだ、荘厳でさえある音色を部屋いっぱいに反響させた。 ……お留伊は「男舞」の曲を打ち始めた。

热门回复

豆瓣
免费下载 iOS / Android 版客户端