>
留学日本 留学日本 60708成员

冷房病(れいぼうびょう)

watchina 2010-07-24
冷房病(れいぼうびょう)は、冷房が強く効いたエリアに長時間いた後、外気温にさらされることを繰り返したときに起こる、自律神経の機能不良の通称(正式な病名ではない)。
自律神経の働きが不安定な乳幼児や老人、薄着で冷房の強いオフィスにいることが多い女性労働者に多く見られる。

人間の体温調節をつかさどる自律神経は、5℃以上の急激な気温変化に対処できないため、それが繰り返されると、体温を下げる交感神経と体温を上げる副交感神経のバランスに異常をきたし、自律神経失調症類似の症状となる。
なお、冬場の暖房でも同様の温度差があるが、厚着により体温調節機能が補われるため、冷房病のような症状をきたすことはほとんどない。

症状
体の冷え、むくみ、疲労感、肩こり、頭痛、神経痛、腰痛、腹痛、食欲不振、便秘、下痢、頻尿、不眠、鼻炎、月経不順など。

対策
自律神経の機能を整える行為全般。規則正しい生活、ストレスの回避、禁煙など。
冷房を弱くし、外気温との差を5℃以内にする。また、冷風が直接皮膚に当たらないようにする。
軽く汗をかく程度の運動をし、体温調節機能を刺激する。
冷房病以外の症状

冷房病(自律神経の異常)以外にも、冷房が病気や体調不良を...
冷房病(れいぼうびょう)は、冷房が強く効いたエリアに長時間いた後、外気温にさらされることを繰り返したときに起こる、自律神経の機能不良の通称(正式な病名ではない)。
自律神経の働きが不安定な乳幼児や老人、薄着で冷房の強いオフィスにいることが多い女性労働者に多く見られる。

人間の体温調節をつかさどる自律神経は、5℃以上の急激な気温変化に対処できないため、それが繰り返されると、体温を下げる交感神経と体温を上げる副交感神経のバランスに異常をきたし、自律神経失調症類似の症状となる。
なお、冬場の暖房でも同様の温度差があるが、厚着により体温調節機能が補われるため、冷房病のような症状をきたすことはほとんどない。

症状
体の冷え、むくみ、疲労感、肩こり、頭痛、神経痛、腰痛、腹痛、食欲不振、便秘、下痢、頻尿、不眠、鼻炎、月経不順など。

対策
自律神経の機能を整える行為全般。規則正しい生活、ストレスの回避、禁煙など。
冷房を弱くし、外気温との差を5℃以内にする。また、冷風が直接皮膚に当たらないようにする。
軽く汗をかく程度の運動をし、体温調節機能を刺激する。
冷房病以外の症状

冷房病(自律神経の異常)以外にも、冷房が病気や体調不良を引き起こすことがある。
部屋が乾燥する(特に除湿モードで著しいが、そうでなくともエアコンは原理上部屋を乾燥させる)と、ウイルス性の感染症にかかりやすくなる。
エアコン内で細菌、真菌、ダニなどが繁殖し、感染症やアレルギーを引き起こすことがある。
換気を怠ると、シックハウス症候群を引き起こしたり、受動喫煙を悪化させることがある

ZT: http://uchome.watchina.net/space.php?uid=363&do=blog&;id=92
0
显示全文

查看更多有趣的豆瓣小组

回应 (1条) 只看楼主

  • 楞蹬仓!真恣睢
    我,我已经冷房病了囧。
添加回应

留学日本的热门贴

推荐小组

值得一读

    豆瓣
    我们的精神角落
    免费下载 iOS / Android 版客户端
    App 内打开