>
日本映画馆 日本映画馆 2892成员

【情报0721】クドカン、水木しげるは「お金にシビア」

陈重重 2010-07-23

[映画.com ニュース] 吹石一恵、宮藤官九郎主演の映画「ゲゲゲの女房」のプレミア上映が7月21日、「第32回ぴあフィルムフェスティバル前夜祭」が開催されている東京・京橋の東京国立近代美術館フィルムセンターで行われ、吹石と宮藤、鈴木卓爾監督が舞台挨拶に立った。

原作は「ゲゲゲの鬼太郎」で知られる漫画家・水木しげるの半生を夫人の武良布枝さんがつづったエッセー「ゲゲゲの女房 人生は…終わりよければ、すべてよし!!」。現在、同著を原案に松下奈緒、向井理主演のNHK連続テレビ小説が高視聴率を記録しており、発行部数は40万部を突破した。ドラマとは別プロジェクトとなる映画版では、布枝さんを吹石が、武良茂(水木)を宮藤が演じる。

吹石は、「自分とはかけ離れた女性なので、撮影中は毎晩台本を読んだが、結局、現場で衣装を着て、宮藤さんにしげるさんを演じていただくことで、私も布枝さんになれた気がします」と述懐。見合いから5日で結婚したという設定に、「撮影に入るまでは、必要以上に宮藤さんに会いすぎないように心がけた」と役づくりを語ると、宮藤は「今、初めて聞きました。自分としてはリハーサルなどで結構会っていたつもり」と思わず苦笑い。

その宮藤は、撮影...

[映画.com ニュース] 吹石一恵、宮藤官九郎主演の映画「ゲゲゲの女房」のプレミア上映が7月21日、「第32回ぴあフィルムフェスティバル前夜祭」が開催されている東京・京橋の東京国立近代美術館フィルムセンターで行われ、吹石と宮藤、鈴木卓爾監督が舞台挨拶に立った。

原作は「ゲゲゲの鬼太郎」で知られる漫画家・水木しげるの半生を夫人の武良布枝さんがつづったエッセー「ゲゲゲの女房 人生は…終わりよければ、すべてよし!!」。現在、同著を原案に松下奈緒、向井理主演のNHK連続テレビ小説が高視聴率を記録しており、発行部数は40万部を突破した。ドラマとは別プロジェクトとなる映画版では、布枝さんを吹石が、武良茂(水木)を宮藤が演じる。

吹石は、「自分とはかけ離れた女性なので、撮影中は毎晩台本を読んだが、結局、現場で衣装を着て、宮藤さんにしげるさんを演じていただくことで、私も布枝さんになれた気がします」と述懐。見合いから5日で結婚したという設定に、「撮影に入るまでは、必要以上に宮藤さんに会いすぎないように心がけた」と役づくりを語ると、宮藤は「今、初めて聞きました。自分としてはリハーサルなどで結構会っていたつもり」と思わず苦笑い。

その宮藤は、撮影前に水木本人に会ったといい「終始『映画ってもうからないだろ』って言われて(笑)。本当にお金にシビアな方なんだなと。そこが一番(役づくりの)参考になりました」と語り、客席を笑いに包んだ。また、水木の実の娘からは「肩に力が入っていない人だから、あまり頑張らなくていいと言われて気持ちが楽になった」と話した。

ぴあフィルムフェスティバル出身の鈴木監督は、“古巣”でのプレミア上映に感慨深い表情。キャスティングは吹石と宮藤以外考えられなかったと断言し、「方言、昭和36年という設定、そして実在の人物を演じるという、いわば三重苦を見事に乗り越えてくれた」と主演のふたりに感謝していた。

「ゲゲゲの女房」は、11月に全国で公開。

http://eiga.com/buzz/20100721/15/
0
显示全文

查看更多有趣的豆瓣小组

回应

还没人回应,我来添加

推荐小组

值得一读

    豆瓣
    我们的精神角落
    免费下载 iOS / Android 版客户端
    App 内打开