>
自学日语中 自学日语中 159441平社員

文学少年の孤独 第八回 提案 NEW

【虾子】あさ 2017-09-25
文学少年の孤独 第八回 提案 NEW

もしもし、すいません。着信履歴があったんですけど、豊崎さんですか。
ハハハ。
もしもし。  
あはいはい。もしもし。
え?どなたですか?
俺だよ、俺、俺。
すいません、悪戯なら、切ります。
春香の携帯であってるって。
豊崎さんの携帯です。 
お。何だよ、辛気臭いやつだな。
女の携帯に別のやつが出なら、大体想像はつくだろう。
身内の方? 
ハハハ。なんだよその発想。違うよ。
え?
まぁ、彼氏って事になってっていうか。
そうですか。 
うん、どうね。どうふうが、検討中なんだよね。
軽い言葉の、悪戯の悪意。 
もしもし。
苦々しい感情が、胸の奥から湧き上がってくる。
僕の名前が、呼ばれた。

<一層の事、どこか、遠くへ。
 一人で、行って、しまうかな。
 学校も、友達も、バイトも。
 何もかも全て、投げ出して。
 京横線、始発駅、人のグレ。
 財布落とした女の子が泣いてる。
 すぐに電車が滑りこんできて。
 世界に溢れた人は舌打ち。
 急に全てがどうでも良くなる。
 僕は冷たい人の仲間入り。
 誰か名前を呼んで僕の、突然悲しくなるのは何故。
 世界を飛び出して宇宙の彼...
文学少年の孤独 第八回 提案 NEW

もしもし、すいません。着信履歴があったんですけど、豊崎さんですか。
ハハハ。
もしもし。  
あはいはい。もしもし。
え?どなたですか?
俺だよ、俺、俺。
すいません、悪戯なら、切ります。
春香の携帯であってるって。
豊崎さんの携帯です。 
お。何だよ、辛気臭いやつだな。
女の携帯に別のやつが出なら、大体想像はつくだろう。
身内の方? 
ハハハ。なんだよその発想。違うよ。
え?
まぁ、彼氏って事になってっていうか。
そうですか。 
うん、どうね。どうふうが、検討中なんだよね。
軽い言葉の、悪戯の悪意。 
もしもし。
苦々しい感情が、胸の奥から湧き上がってくる。
僕の名前が、呼ばれた。

<一層の事、どこか、遠くへ。
 一人で、行って、しまうかな。
 学校も、友達も、バイトも。
 何もかも全て、投げ出して。
 京横線、始発駅、人のグレ。
 財布落とした女の子が泣いてる。
 すぐに電車が滑りこんできて。
 世界に溢れた人は舌打ち。
 急に全てがどうでも良くなる。
 僕は冷たい人の仲間入り。
 誰か名前を呼んで僕の、突然悲しくなるのは何故。
 世界を飛び出して宇宙の彼方、ぐるぐる回る想像で遊ぶのさ、涙が出る前に。>

切ります。
ちょ、おいおい、待ってよ、光太君。
検討中って、どういう事ですか。
そのままだよ。もう冷めてんの、俺。あいつ付き合ってみたらつまんなくてさ。
そういう言い方は、どうかっと思います。
お、そうか。お前春香に気があるんだっけ?
何か示唆しげに(しさしげ)にメールしてるみたいだけど。
でもさ、残念な事にあいつ、俺に惚れてんだよね。
俺にとっても、残念だったけど。
あなたが豊崎さんの携帯を盗み見てる事、彼女は知ってるんですか。
は?盗み見何かしてねぇよ。人聞きの悪い。
ちゃんと春香公認でチェクインで出るだけだっつの。
まぁ、つまり、春香はお前とのメール何か見られでもどうって事ないを思ってる。
っていうわけでな、完全に眼中にないっていうか。
それをいうために、僕に電話したんですか。
違う、ちがう。俺そんな嫌な奴じゃないって。
俺はね、君といい話しを持ってきたんだよ。
いい話って? 
アウト無眼中な光太君も。春香ちゃんに不倫向いてもらえるかもしれないの話し。
どうしてそんな話しが?彼氏のあなたから出でくるんですか。
だから、言ってんだろう、もう俺はあいつに興味ないの。
で、フールと思ってるんだけど。
ただ、フールのもつまんないから、君のためにちょっとしたい演出をしてあげようかなって。
意味が。 
俺はね。男の味方なわけを。光太君も片思い辛いでしょう。
春香とぼっこりたいしょう。
そういう可哀そうな男、見てられないの俺。
だからさ、今度春香を声に呼び出して、それはもうひどい振り方するから。
俺が去ったと偶然そこに現れて、慰めてあげなよ。
あいつ単純だし、おちるかもしれないぜ。
光太君だって嫌われちゃういない。
だから、友達から恋愛対象に変えるため、ちょっとだけ工夫してあげればいいんだよね。
このアイデイア、俺もすっきり触れてついでにストレス解消。
そして光太君は片思い解消。
春香だって結構的に幸せになれるわけだ。

あ、理解できない。理解できない。理解、できない。
どうして、こんな男と。どうして。何、ひどい。
意味が分からない。
何を考えてる?本気なのか。ありえない。最低だ。ゲスにもほどがある。
じゃどうする?どうすればいい?何が正解なんだ?
豊崎さんは元ハズバレてる。
だけど、僕にできること何であるのか。
何ができる?すぐに。このままじゃいられない。
どうすれば。

殺意に近い怒りが込み上げてきた。何もいい返せなかった悔しさ。
情けなさがそれに続いた。
廃絶な感情をふんじた。
あの男がにくい。
その思いだけが、頭を埋めた。
僕は立ち上げって、部屋を出る。
きっとかんがえば、考えて考えた先。
考えた時間を後悔するだろう。
だから考えるより、行動を先行させる。
足動かし、手を動かす。
階段おる。玄関にいく。外へでで。
自転車を探す。鍵はかかる。だんと分けて、地面で。
僕は家を飛び出して。豊崎さんの家へ向かった。

20分まれば、つくだろう。
電話?
何きってんだよ。ふるのは今週末の土曜、午後七時駅南の公園だ。
絶好お前のために演出してやるんだから、来いよ。じゃな。
後半分で、つく。

はい。あ、光太君だ。どうしたの、急に。
上がります。
あ、ちょっと。
光太君。 
いない? 
どうしたの。
先、豊崎さんの彼氏から、電話がありました。
正広君から?どうしたんだろう。光太君、会ったことあったっけ?
彼が来店した時、顔見ただけです。
電話は、豊崎さんの携帯から掛かってきて。
正広君また私の携帯勝手に見たのか。
あ、ごめんね。まさか光太君に悪戯するなんで。
豊崎さん、僕の番号、知ってたんですか。
あ、それもごめん。バイトをやめる時にね。
もしかしたら、光太君もう戻ってこないかもしれないからって。
店長から、教えてもらってたの。
そうなんですか。
うん。正広君、光太君を怒らせるような電話、しちゃったのかな。
だったら私謝るよ。ごめんね。
彼にも強く言っとくから。
そんなんじゃ、ないです。
個人的な事で豊崎さんの家に乗り込むだ何で、非常識じゃないですか。
違う。違います。
僕は。あいつを。
ごめん。どういう意味か、私にはわからない。
豊崎さん、話します。落ち着いて聞いてください。
分かった。分かったから、まず光太君が落ち着いて。
これで、こんな時間にどうしたの? 光太君。
電話があったんです。 
何か失礼があったんだよね。
彼は、光太君を気づけるようなひどいことを言った。私からも謝る。
だけど彼も呼んで話した方がいいと想う。
違います。そんな事じゃないんです。
光太くん、落ち着いて。
あいつは、豊崎さんを持って遊んでいる。
その気持ちを踏みにして。平気で。
待って、よくわかんない。どういうことを聞いたの?
僕の口から伝える彼氏。いいます。
どうフルか検討中。俺はあいつに興味ないって。彼は言ってました。
ハハハ。きっと冗談か照れ隠しでそういうニュアンスな事を言っちゃただね。
光太君、あんまり気にしなくていいよ。
私達、大丈夫だから。
違うんです。それだけじゃない。
午前たってしってやるっで。僕が豊崎さんと、いや、えっと。
光太君、落ち着いて。いくら何でもその解釈は極端すぎるよ。
私には人を見るめがないって思ってるの。
確かに馬鹿に見えるかもしれないけどさ。
僕は聞いたままに言ってるだけです。信じてください。
あれが嘘だっとしでも、とっても冗談でいっていることじゃない。
豊崎さん、あんなやつ、信じちゃだめだ。
光太君、本当にまず、落ち着いて。
豊崎さんこそ、冷静になってください。
何でそんなに盲目的(もうもくてき)何ですか。
あいつは、人を利用することしか考えてない。
最低だ。
僕だって、本当はこんな事を言いたくない。

光太君、分かった。
本当ですか。 
もういい。光太君が考えてる事は分かった。
分かったけど、さすがにそこまでは、鵜呑みに(うのみに)できない。
違うんです。感情で捻じ曲げているわけじゃなくて。
もうこんな時間だよ。帰って。
豊崎さん。 帰って。
僕の行動は、確かに、感情的だったかもしれない。
それでも、僕はこうするしかなかった。
すべきことをしたまで、確信さえあった。
だけどそれは、どうすることもできないということに、確信でもあった。
豊崎さんの目に伝染る自分の小させが、呪わしい立場が、にしみだった。
たかまった歩く。足場を失った感情は、無気力へどうしていくしかなかった。
ただただ、無力さだけが、そこに残った。

二百八十円になります。
ちょうどお預かりします。ありがとうございました。
伊澤君。
はい。なんでしょう。
君はどうも定期的にそういうテンションになるね?
もともとこんな性格なんで、申し訳ありません。
誤魔化すんじゃないよ。僕だって、それなりに長い相手君を見てきている。
単刀直入に聞くよ。何があったんだろう。
じゃ僕も、感銘直接に答えます。
何がありました。そうして、何があります。
何だ。現在進行形なのか。
どうりで暇しに俯いて行こうとと思ったよ。
ちなみに一昨日よりも充当傾いている。
分かってるんですか。
何があるのか具体的に言ってみるきはあるかい?
ありません。
おい、妹。 
お、本人。
何でいるんだよ。
あいにく常連ですから。 
改めて彼女から聞いて頂こう。
何があるの? 
何ですかその手法?今日はいつになくしつこいですね。
伊澤君、吐き気を我慢して苦しんでるように見えるんだよね。
はいちゃえって事ですか。
じゃなぜ聞き手を増やしたんです。
その方がいいかと思って。 
分かりました。
言いますよ。 今日、豊崎さんは彼氏にふられるんです。
え?
いやいや、まちなよ、伊澤君。
どうして君がそれを事前に知ってるんだ?
僕に電話があって、ふる場所と日時を教えるから。君もこいって。  
なにそれ?意味分かんない。
僕の立場でこれをいっていいのかわかんないけど。
豊崎さん、彼氏に振り回されてるところがあったように想う。
ここのバイトやめたのだって、彼氏に強く言われたのが原因だよ。
授業をうんのんでのは建前で。
もしかしたら、そういう扱いを受けている可能性も否めない。(いなめない)
そういう扱いって何?遊ばれてるって事?豊崎さんが。
あと30分で、予定の時刻で。
僕はあいつから電話を受けて、すぐに豊崎さんの家に行きました。
殴ってやろうっと思って。だけどもうあいつは帰ってた。
そして、豊崎さん、僕よりあいつを信じて。当たり前なんですけど。
でも何もできないって事がはっきり知って、受け入りたんですよ、僕。
その態度のどこが吹っ切れってるだよ?
いっちゃ悪いけど、君何がわかる?
あ、もう。お兄ちゃん、伊澤、一時的に首ね。
好きにしなよ。
伊澤君、君が今日時計ばっかり見ってたろう。僕は知ってるからね。
さぁ、行くよ。何ぼうっとしてんの。
や、やめろうよ。
何だよ。柏木は、関係ないだろう。
バカじゃないの。殴りに行く根性があったでしょう。もう一度見せてみろうよ。
だから、それでも、何もできなかったんだよ。
そんなんで私が見込んだ男か?!
痛いな。
当たり前じゃん。本気で叩いたし。
僕、見込まれてたんだ?
私は、あんたが少しずつ変わっていくのを見てたの。
今からでも、間にあうかな。
早く行きな。
待って、ほら、これ、餞別。
ありがとう。

返せ。
いい飲みプリだ。
ただ前を進め。伊澤。
僕の心はこういうしていた。
正しいと思ってるから動くわけじゃない。あくまで僕の足が、動きたいと思ったから動きました。
そこにいる眼帯勉強していく事さえ、僕は自覚していた。
きっと、柏木の期待は裏切りこともない。
彼女はおそらく、何だかんの解決を想像しているはずだ。
しかし僕の脳裏には、ただ、苦々しい感情だけが渦巻いている。
これを吐き出せば、どうなってしまうかは分からない。
人間をやめるか。
そんなラインさえ見える、大げさだと思う。ガキくさいと想う。
でも衝動は時として、あっという間の人間を、同時に蒸し上げる。
論理的じゃないことは分かった。
僕は、恋であるの。
浅はかだ、動物的だ。独善的だ。
バカな、自分の行動を否定する考えが、絶え間に不調する。
僕はそれらをくりきりよう、走った。


オディオ ドラマ 「文学少年の孤独」 第八回 を終わります。次回も お楽しみに。


                            あさ
               2014.6.6 金   2017.9.25 月
0
显示全文

查看更多有趣的豆瓣小组

回应

还没人回应,我来添加

自学日语中的热门贴

推荐小组

值得一读

    豆瓣
    我们的精神角落
    免费下载 iOS / Android 版客户端
    App 内打开