鄭玄と「周礼」
明治書院 / 2010-12出版
简介

後漢末の鄭玄は『周礼注』を著したが、その礼体系は鄭玄の『周礼』解釈のすべてではない。鄭玄は太平招来・『周礼』制作にいたる周公の事迹を説き、それが昊天上帝の神意であることを明らかにしようとした。本書では、鄭玄の生涯・学問形成の過程、鄭玄が由拠した『尚書中候』の所説、『尚書注』『詩譜』『毛詩箋』に説かれている周公の事迹、鄭玄と同時代の太平道の太平についての考えを取り上げ、周公の『周礼』制作を周公の主宰する周の太平国家構想とみる鄭玄の考えの実相を論証する。

喜欢这本书的人也喜欢 打开App查看更多
  • 日本室町时代古钞本《论语集解》研究
  • 日本中国学之发展
  • 五经异义疏证
  • 義疏學衰亡史論

打开App,看全部书评