谷崎潤一郎犯罪小説集
谷崎润一郎 / 集英社 / 2007/12/14出版
简介

世紀末、悪魔主義。
こんな「谷崎」読んだことない!?
仏陀の死せる夜、デイアナの死する時、ネプチューンの北に一片の鱗あり……。偶然手にした不思議な暗号文を解読した園村。殺人事件が必ず起こると、彼は友人・高橋に断言する。そして、その現場に立ち会おうと誘うのだが……。懐かしき大正の東京を舞台に、禍々しき精神の歪みを描き出した「白昼鬼語」など、日本における犯罪小説の原点となる、知る人ぞ知る秀作4編を収録。

读书笔记

打开App,看更多读书笔记

喜欢这本书的人也喜欢 打开App查看更多
  • ジョーカー・ゲーム
  • 終点のあの子
  • 盛开的樱花林下
  • 黑白