村上春樹、河合隼雄に会いにいく
村上春树 / 新潮社 / 1998-12-25出版
简介

村上春樹が語るアメリカ体験や’60年代学生紛争、オウム事件と阪神大震災の衝撃を、河合隼雄は深く受けとめ、箱庭療法の奥深さや、一人一人が独自の「物語」を生きることの重要さを訴える。「個人は日本歴史といかに結びつくか」から「結婚生活の勘どころ」まで、現場の最先端からの思索はやがて、疲弊した日本社会こそ、いまポジティブな転換点にあることを浮き彫りにする。
目次
第1夜 「物語」で人間はなにを癒すのか(コミットメントということ
阪神大震災と心の傷
言語かイメージか ほか)
第2夜 無意識を掘る“からだ”と“こころ”(物語と身体
作品と作者の関わり
結びつけるものとしての物語 ほか)

喜欢这本书的人也喜欢 打开App查看更多
  • 活了100万次的猫
  • 终究悲哀的外国语
  • 文学回忆录
  • 寻羊冒险记