おやすみプンプン 3
小学館 / 2008/06/05出版
简介

父が蒸発、母は入院。残された少年の名前は「プンプン」。或る街に住む「フツーの」少年の、波瀾万丈の人生をおった成長の物語…。まったく新しい表現法で描かれる、衝撃のシュール×リアリズム悲喜劇!!
▼第24話~第34話●主な登場人物/小野寺プンプン(旧姓・プン山プンプン。チョコパイ好きのヤングガイ)、田中愛子(小学生時代に好きだった女の子。2年間会話は一切無し)、小野寺雄一(プンプンママの弟。33歳。プンプンと同居中)●あらすじ/放課後、関は幼なじみの清水がカツアゲにあっているところを目撃した。その光景に怒りが込み上げた関は、カツアゲした不良カップルを呼び止め、男のほうをボコボコにする。だが、女のほうがタバコに火をつけるのを見て、工場爆発の記憶がフラッシュバックして身動きが取れなくなってしまい…(第24話)。●本巻の特徴/2年の時を経て、中学生になったプンプン。地獄のような片思いの日々を送ることに? 一方、雄一おじさんには恋を予感する出会いが…!?●その他の登場人物/小野寺プンプンママ(プンプンの母親。離婚後も性格は相変わらず) 、小松(同級生。生粋の右利き。バトミントン部所属)、関(同級生。アル中気味の父親を持つ)、清水(同級生。関とは幼なじみ)、矢口(バトミントン部の先輩。愛子と付き合っている?)、湯上(プンプンママの離婚問題を担当した弁護士)、喫茶店の女の子(雄一はどこかで見覚えがあるようだが…!?)

喜欢这本书的人也喜欢 打开App查看更多
  • おやすみプンプン 2
  • おやすみプンプン 4
  • おやすみプンプン 6
  • おやすみプンプン 11