道家・道教の思想とその方術の研究
汲古書院 / 2009-2出版
简介

第一篇 道家・道教の思想
第一章 老莊思想と「氣」
第二章 「治國」と「治身」への思想的道程
第三章 『老子河上公注』の身體觀
第四章 「氣」と道教神像の形成
第五章 「書道」と玄宗の老子崇拜
補論 歐米における『老子』の理解
第二篇 道教的方術の諸相(一)
第一章 馬王堆漢墓出土「五十二病方」における呪術的醫療の一側面
第二章 呪術醫療と太平道・五斗米道の成立
第三章 敦煌醫書の中の養生書
第四章 唐代の呪術醫療について
第五章 神々をイメージ(存思)する醫療
第三篇 道教的方術の諸相(二)
第一章 道教と占い
第二章 獸骨卜と甲骨卜の卜法
第三章 冥界の道教的神格
第四章 魏晉南北朝までの道教呪符の歴史
第四篇 密教と道教との交渉
第一章 初期密教と道教との交渉
第二章 敦煌出土の密教呪符
第五篇 日本の養生法と醫療
第一章 日本における道教と養生法
第二章 『醫心方』養生篇の道教的性格
第三章 『醫心方』における醫療と道教
第四章 日本における導引の沿革
第五章 岡倉天心の道教理解
附篇 日本における中國哲學研究の學問的確立

喜欢这本书的人也喜欢 打开App查看更多
  • 唐代的道教与天师道
  • 中国的道教
  • 道教視野中的社會史
  • 唐代道教