メルカトルと美袋のための殺人
麻耶雄嵩 / 講談社 / 1997/06/05出版
试读 / 购买 打开App查看
简介

從海參崴去莫斯科的西伯利亞快速列車。在某節車廂內作家桐原剛造被殺。死亡推定時刻,同乘者都在餐車中享用晚餐,有著不在場證明。從密室殺人到非常奇妙的不可能犯罪,名偵探メルカトル鮎和推理作家美袋三條用空前絕后的推理能力看破事件的真相!新本格推理短篇連作集。收錄「遠くで瑠璃鳥の啼く声が聞こえる」、「化粧した男の冒険」、「小人間居為不善」、「水難」、「ノスタルジア」、「彷徨える美袋」、「シベリア急行西へ」。
『遠くで瑠璃鳥の啼く声が聞こえる』
友人の恩師である大垣の別荘に招待された推理作家の美袋(みなぎ)は、戸外での昼寝から目を覚まし、視界にはいった佑美子の姿を見た瞬間に恋に落ちた。しかしその後、彼女は密室状態の部屋で死んでおり、別の場所で大垣も殺されているのが発見された。もし佑美子が殺されたのであれば、それは他ならぬ美袋が犯人でなければならない状況だった。
『化粧した男の冒険』
美袋と探偵であるメルカトル鮎が宿泊していたペンションの一室で、大学生のサークルのひとりの男が殺されていた。ペンションのオーナーに呼ばれたふたりが部屋に入ってみると、男の顔には乱暴な化粧がされており、香水もかけられている状態だった。
『小人閑居為不善』
メルカトル鮎は依頼人を捜すために、めぼしい人物をピックアップしてチラシを配布していた。チラシに書かれた文字は、「身辺に危険、不安を感じている方、相談・調査承ります」。はたして、神楽祐尋と名乗る絵描きが事務所を訪ねてきた。彼は、親族から命を狙われているのではないか、と相談する。
『水難』
美袋が原稿を書くために訪れた旅館で、奇妙な少女を何度か見かけた。少女の現れ方、消え方から考えて、常の存在とは考えにくい。メルカトル鮎が女中を問いつめると、十年前の、百名以上の女学生が亡くなった土砂崩れの事件について話しはじめた。
『ノスタルジア』
年の瀬にメルカトル鮎に呼び出された美袋は、彼が暇つぶしに書いたという推理小説を読まされることになる。それは犯人当てのゲームであり、賞と罰が決められた、美袋には負けられない勝負であった。メルカトルが書いた小説は、雪の密室を扱った古典的なミステリーのように思えた……。
『彷徨える美袋』
友人からシガレットケースを託されたあと、コンビニへ行く途中で意識を失った美袋は、気がつくと山中の小屋にいる自分を発見した。小屋を脱出してなんとか人家の明かりを発見したが、そこは問題の友人――大黒の弟が切り盛りするペンションだった。大黒は十日前から姿を消しているそうで、三日前に、美袋は彼からシガレットケースを受け取っていた。そして、大黒が参加するサークルのメンバーのひとりで、今もペンションに宿泊している客のひとりがあやしいと打ち明けられる美袋だったが。
『シベリア急行西へ』
メルカトルのコネでシベリア急行の旅券を手に入れた美袋は、何もすることもなく暇を持てあましていた。その列車には日本人の乗客も乗っており、同じ作家である桐原などは、車内でも執筆を行っているらしい。突然、列車に急ブレーキが掛かった。事故らしかったが、ロシア語で交わされる周囲の会話はほとんどの日本人客には理解不能である。その後、桐原の個室で当人が殺されているのが発見された。

读书笔记
喜欢这本书的人也喜欢 打开App查看更多
  • メルカトルかく語りき
  • 眠りの牢獄
  • 消失!
  • アルファベット・パズラーズ (ミステリ・フロンティア)
书评 写书评