幕末維新の領土と外交

目前无人评价

安岡昭男 / 清文堂 / 2002

幕末維新の領土と外交的内容简介

収録された論文は、幕末から明治維新初期における千島、樺太、琉球、小笠原諸島など日本の領土問題についての経緯、対英・対露関係、韓国、スペイン、ポルトガルの諸国との交渉、など広範にわたっている。国際法の受容や当時の対外政策論にわたる動向にまできりこんだ、珠玉の論文集である。国際政治や外交に対する日本人の役割や見識が問われている今日、先人達のすぐれた対外意識や活動のあり方を理解することはきわめて有用であり、本書を通じてそうした認識をひき出すことができよう。

推荐幕末維新の領土と外交的豆列

了解更多图书信息

豆瓣
免费下载 iOS / Android 版客户端