風流天子と「君主独裁制」
京都大学学術出版会 / 2014-4出版
试读 / 购买 打开App查看
简介

政治を顧みず王朝を滅亡に導いたとされる北宋の文人皇帝徽宗が, 為政者として目指したものは何だったのか.彼の置かれた歴史的文脈を正しく捉え,その政治姿勢,権臣宰相蔡京らとの関係を検討し直すことで,徽宗が果たした歴史的役割が見えてくる.南宋孝宗朝までをも視野に入れ,これまでの宋代「君主独裁制」を批判的に再検討する.

喜欢这本书的人也喜欢 打开App查看更多
  • 南京历代碑刻集成
  • 现存宋人著述总录
  • 金石论丛
  • 礼与中国古代社会