高橋留美子傑作集 Pの悲劇
高橋留美子 / 小学館 / 1994-1-29出版
简介

▼第1話/Pの悲劇▼第2話/浪漫(ろまん)の商人(あきんど)▼第3話/ポイの家▼第4話/鉢の中▼第5話/百年の恋▼第6話/Lサイズの幸福(しあわせ)●あらすじ/公団住宅でのペットの飼育は禁止されている。それにも関わらず内緒でペットを飼う住民が後をたたない。団地自治会のペット禁止派である筧夫人は、ペットに対する取り締まりが厳しいことで有名であった。筧家の上の階に住む羽賀家にはペットはいないので、羽賀夫人は筧夫人が苦手であるものの、それなりに均衡を保った付き合いをしていた。だがある日、羽賀家に突然ペットがやってきた。羽賀夫人な旦那さんが商談相手から預かったものなのだが、それは何とペンギンであったのだ……!(第1話)▼3代続いている古い結婚式場・浪漫会館。この式場はもう何年も赤字続きで、近々閉館する予定になっていた。ある日、今は亡き父の墓参りに出掛けた会長の縁(ゆかり)は、ある初老の夫婦に出会う。その旦那さんは、過去、浪漫会館で働いており、縁の父親に窮地を救ってもらったことがある、と縁に話して聞かせる。そして更に、自分たち夫婦はまだ結婚式を挙げていないので、ぜひ浪漫会館で挙げたいと申し出る(第2話)。▼利根川家で義母の葬式が行なわれた。10日前に夫に先立たれ、立て続けに葬式を出した利根川夫人は、噂ではかなりの悪妻であったという。義母にやさしくされた経験のある隣人の若奥さんは、この噂のせいもあり、利根川夫人とはあまり関わりを持ちたくないと思っていた。だがある日、埋骨に行くという利根川夫人に植木鉢を預かって欲しいと頼まれる。渋々預かった鉢のひとつを、ある日偶然割ってしまう。隣人の若奥さんは、割れた鉢の破片の中に、人骨のかけらを見つける。彼女は、鉢の中全てに義母の骨が埋まっているのでは、と勘繰り始めるが……(第4話)。
出版社からのコメント
ある日突然、〃P〃はやってきた…!そして幸せな団地生活にドトーの混乱が…!?表題作他、日常と非日常がスパークする、縦横無尽の留美子劇場!!

喜欢这本书的人也喜欢 打开App查看更多
  • 紅色花束
  • 相聚一刻(1)
  • 冒険少年 (ビッグコミックススペシャル)
  • 高橋留美子劇場(02)專務之犬