中国法制史論集

评价人数不足

滋賀秀三 / 創文社 / 646页 / 2003-1

中国法制史論集的内容简介

法典編纂と刑罰の歴史を主題として新稿と既刊の補訂再録より構成される待望の論集。300頁に及ぶ書き下ろし「法典編纂の歴史」は研究の集大成ともいえる著者初めての通史であり、中国法の全体像を鮮やかに提示した記念碑的業績。 目次:概説編 中国法の基本的性格 法典編纂の歴史(総論 戦国・秦・漢 魏・晋・南北朝 隋・唐前半 唐後半・五代 宋 遼・金・元、〔附〕西夏 民・清) 大清律令をめぐって 刑罰の歴史 法制史の立場から見た現代中国の刑事立法 考証篇 曹魏新律十八篇の篇目について 漢唐間の法典についての二三の考証

中国法制史論集的短评(1)

推荐中国法制史論集的豆列

了解更多图书信息

豆瓣
免费下载 iOS / Android 版客户端