自杀论 自杀论 7.8分

看二手的书评,写三手的总结

我不困
2018-07-06 12:37:10

原作:

http://www.hkg.ac.jp/~sawada/kougi/09/09.htm

http://www.hkg.ac.jp/~sawada/kougi/10/10.htm

虽然是自杀论下面的书评,但是这位老师把自杀论+分工论+宗教都给说了一遍,决定于此统一写完~

哎虽然我对这门学科花了好多时间去做,可是我还是觉得期末要挂科,心烦啊心烦……

废话不多说了开始吧……!

————

一、自杀论

1.涂尔干认为当时的自杀理论不足以完全解释这种行为,于是提出的三种自杀:

自己本位的自殺:自己本位的自殺とは,社会の凝集性(まとまり)が弱まり,個人化が進んだときに生じやすい自殺のことを言う。
集団本位的自殺:集団本位的自殺は,個人本位的自殺とは逆に,個人が社会に過度に統合されていることから生じる自殺
...
显示全文

原作:

http://www.hkg.ac.jp/~sawada/kougi/09/09.htm

http://www.hkg.ac.jp/~sawada/kougi/10/10.htm

虽然是自杀论下面的书评,但是这位老师把自杀论+分工论+宗教都给说了一遍,决定于此统一写完~

哎虽然我对这门学科花了好多时间去做,可是我还是觉得期末要挂科,心烦啊心烦……

废话不多说了开始吧……!

————

一、自杀论

1.涂尔干认为当时的自杀理论不足以完全解释这种行为,于是提出的三种自杀:

自己本位的自殺:自己本位的自殺とは,社会の凝集性(まとまり)が弱まり,個人化が進んだときに生じやすい自殺のことを言う。
集団本位的自殺:集団本位的自殺は,個人本位的自殺とは逆に,個人が社会に過度に統合されていることから生じる自殺である。
アノミー的自殺: アノミーとは,欲求を規制する社会的権威や規範の拘束力が弱体化した無秩序状態のことをいう——社会が人々の欲望を規制できないアノミー状態にあることから生じる自殺である

2.自杀的心理学和社会学说明

为了社会学的成立,这个做了很多史上初的涂尔干彻底区分了社会学和心理学之间的差别,强调了社会学方法的独自性。

しかし,デュルケームはこうした個人の動機の解明は自殺の心理学的説明であって,社会学的説明ではないという,自殺率は社会によって大きく異なる。
デュルケームによると,社会の自殺率の相違を社会的要因によって説明するのが社会学的説明なのである。

通过研究カトリック和プロテスタント两个宗教,在不同地区的自杀率,涂尔干发现:

民族の相違は自殺率にさほど影響はしないが,宗教上の宗派のちがいは自殺率にはっきりと影響を与える。これはカトリックの社会は個人が自殺を抑制する力が強く,プロテスタントの社会はその力が弱いことを意味するのだろう

如今的自杀率会把心理学和社会学混在一起研究。但是当初涂尔干的这一个观点可以说是非常有里程碑式的意义的——这种跨学科思考似乎在现在不足为奇,但是在阅读的时候我还是深深感受到了涂尔干的伟大啊……

2.自杀类型的变迁

前近代社会では集団本位的自殺が多く,近代社会では個人本位的自殺が増加する。アノミー的自殺は前近代から近代に移行する過渡期の混乱のなかで生じやすい。

对此,涂尔干认为:

個人の凝集性を確保するために,職業集団を強化することである。国家と個人を媒介する中間集団を重視する

3.自杀论中的分析方法

 『自殺論』のデュルケームは,経験的事実(経験的規則性)と理論仮説との往復運動を通じて分析を進めている。今日の社会科学が採用するモデル論的分析のお手本である。デュルケームの方法とくらべると,コントの実証主義はA(経験的規則性)にかたよっているし,啓蒙期の社会理論はB(理論仮説)のみで議論が進んでしまう。

4.和现代日本

——虽然人们人为,都市中的自杀率更高,实际上在日本自杀率最高的地方是人口过疏化、老人增长的地区。因为这些地区的社会凝集性极其低下。

二、社会分工论

1.机能主义(functionalism)

さまざまな社会的事象が別の社会的事象や社会全体におよぼす機能を重視する研究方法を機能主義

2.研究方法:法律

抑止的法律+復元的法律:

3.两个社会,两种连带

分業が未発達な環節社会:類似にもとづく機械的連帯
専門分化の進んだ分業社会:分業にもとづく有機的連帯

4.分工的异常形态

アノミー的分業:これは分業をしている社会の諸機関のあいだに相互信頼がなく,たがいの活動も調整されないでいることから生じる。
拘束的分業: 強固な階級制度や身分制度が存在する社会で、職業や地位の選択が社会の不平等を意識させるこの状態は,分業が社会の連帯を促進する機能を阻害することになる。

5.对同业组织的评价:

アノミー的分業がもたらす病理を抑制するために,同業組合を再建することを提唱している。アノミーが進行し,個人が未組織状態になった社会では,国家の肥大化が進行する。デュルケームの同業組合論は,トクヴィルのアソシエーション論と同様に,国家と個人とのあいだに中間集団をつくりだすことの意義を強調する。

即:希望在肥大的国家和无组织的个人中间,增加一个中间集团。

三、社会学方法的基准

1.涂尔干的研究对象,以及方法论

社会学の研究対象が社会的事実である
社会的事実を物のように考察せよ(客観的に考察せよ)という方法論

2.什么是社会事实

三种学科研究的三种不同对象

自然科学の対象とするような自然的事実とも,
心理学の対象とするような個人的事実とも
異なる社会的事実

涂尔干在《基准》的第一章说:

自分の内面に実在していると感じられるときですら,その実在性は客観的であることをやめない。それらは私がつくりあげたものでなく,教育を通じて私の受けいれたものだからである。
すなわち,ここに,個々人の意識の外部に存在するという顕著な属性をしめすところの行動,思考,および感覚の諸形式がみとめられるわけである

3.社会事实的特征

① 外在性 人間によって作られたものでありながら,いつしか,人間の行為を逆に規定するようになる。
② 客観性 社会的事実は教育を通じて受容される。社会的事実は,個人の主観的意識から独立し,正誤が客観的に定まっている。
正統化 (legitimatization) こういう場面ではこういう行為様式をとるのが当然だと人々が思いこんでいるとき,その行為様式は正統化(legitimatize)されているという。この言葉を用いると,社会的事実とは正統化された行為様式である。
③ 強制力 社会的事実の多くはそれに違反すると,罰せられる。その処罰は法律による処罰のこともあれば,法律以外の処罰のこともある。
社会統制 (social control)社会が人々の行動をサンクション(処罰と報酬)によって統制することをいう。
④ 道徳的権威 単にそれが強制力をもつからだけではない。それ以前に,人々はそれに従うことが望ましいと思っているのがふつうである

4.社会事实和集合意识

社会的事実は社会成員が共有する集合意識(la conscience collective)に支えられている

5.制度和集合行动的社会学

满足下面的行动样式的东西,就是制度

① その行動様式がパターンとして定着している。
② 人々がともにその行動様式をとることによって,人々の行動が調整されている。
③ その行動様式が正統化されている。
④ その行動様式に違反すると,処罰としてのサンクションが発動する

此外,涂尔干不仅仅只把固定的制度作为社会事实,一种群众行动的、流动的社会现象也是社会事实

所谓的群众行动就是——

個人にはコントロールできない集団の感情の動きや行動を,集合行動

6.方法论

在1点中,说明了涂尔干提出的研究对象,并且在上面的2-5点中详细解释;现在开始,解释涂尔干的研究方法论

 ① 先入観やことばの意味の解釈は客観的な観察にならない  ② 主観に左右されない外的標識に注目せよ

四、宗教生活的原始形态

这位老师似乎仅仅只说明了各种宗教术语,于是我决定略过

————

写完啦。

我发现这位老师很喜欢花费大量的篇幅去解释各种社会科学学者的研究方法,以及其背后的意义。并且我也渐渐认识到这是一种新的思路——不同于在高中初中小学时代,站在巨人的肩膀上吸收知识;如今则是沿着巨人曾经走过的路再走一次,这是一种崭新的锻炼。

不光知道“XX 为什么是 XX”,还要知道为什么得出这个结论。从被动接受变成主动创造也是一种非常需要天赋的事情啊~~(屁啦连被动接受上课的知识考试考出来的信心都没有!有什么资格说大话!)

0
0

查看更多豆瓣高分好书

回应(0)

添加回应

推荐自杀论的豆列

了解更多图书信息

豆瓣
免费下载 iOS / Android 版客户端