現代社会の理論 現代社会の理論 评分人数不足

第一章总结

王子濟
探讨消费化管理化社会的特征和出路的一本书。
二三章是实例。第四章探讨了出路,但语焉不详,只说要切割开幸福与物质的关系(...),感觉并不是很有启发性。
但是第一章对资本主义社会的分析还蛮有趣。

一 管理化/消費化社会の展開

〇<消費化> 互換・相補 <管理化> → 資本主義の持続する「繁栄」 頁13
  情報化としての消費化:情報(デザイン、広告)による消費の創出 頁22
  「形式の自由な世界」:情報の解き放つ欲望のデカルト空間 頁27
★情報化/消費化社会こそ初めての純粋な資本主義:前提を自ら創出する「自己準拠的」なシステム
    欲望主体の限定と固定性からの解放、充足手段との直接の結合からの解離 
      → 市場関係に依存する欲望の主体の大量の創出 頁30
    美しさと魅力性をめぐる熾烈な競争 頁36
〇その問題系…自然との臨界面(環境、資源)・外部社会との臨界面(南の貧困、北の貧困) 頁38
0
0

查看更多豆瓣高分好书

回应(0)

添加回应

現代社会の理論的更多书评

推荐現代社会の理論的豆列

了解更多图书信息

值得一读

    豆瓣
    我们的精神角落
    免费下载 iOS / Android 版客户端
    用客户端 好书来找你