懐かしんでいるうちに大切にする——《鴨川食堂はんなり》読後感

Fumizuki
2021-10-01 看过

きっかけ

 最初は好きなブロガーのお勧めで、この本を知っていた。しかし、あの時、癒される食べ物系のストーリーにはあんまり興味なかった。今月、北京に来て、国家図書館には日本図書室という特別コーナーがあることが分かった。だから、ネットで面白そうな小説を探し始めた。「京都を舞台に 小説」を検索したら、「古都」、「金閣寺」、「檸檬」など有名な作品はもちろん、まさかこの本も目の前に出た。先週授業を終わった後、調子に乗って図書館に足を運んだが、事前予約を忘れて、入れなかった。ようやく今日は一日中、小説の世界に浸ることができて、すごく嬉しかった。探しているうちに、この本も大切になった。

ストーリー

「ありきたり...ふつう...」

 物事の珍しさが一体何によって定義付けられるのか?

 主人公の紗香が元彼氏と一緒に食べたことある無名な親子丼の味を探すため、鴨川食堂の流(父)とこいし(娘)に頼んできた。

 三年前、彼女と元彼が京都旅行するとき、親子丼を食べたかった。ある名店にわざわざ行っても行列が長くて、諦めた。その代わり、偶然にあった食堂に連れられ、最後は極普通な親子丼を食べた。名店のを食べられなくて、喧嘩していた。そのせいで元彼と分かれて、残念な物語だ。

 あの時怒りすぎて、あの食堂の親子丼の味を全然忘れてしまって、だんだん気になった。しかし三年後の現在、同じものを食べたんですけど、紗香はこれが世界で一番美味しい親子丼だと思っていた。

 本当に偶然にあった、ありきたりのお店ですか?いや、怒りの感情に誤魔化され、実は隠れの名店なんです!もしかして、元彼が彼女をずっと大切にしているのか?誤解だったと思って、元彼に愛を残している彼女は嬉しかった。

 ――残念ながら、それがただ普通のお店だと流が言った。実は、紗香は愛情がまだ存在している理由を見つけていた。その店は普通なわけではないという暗示が味覚を左右したかもしれない。

思い出

 日本の物語が食べ物によって言い出す場合が多い。まるで味覚が時間旅行を引き起こすボタンみたいな感じ。一日三食を楽しみとして扱うことが素晴らしいと思う。人が楽しみがあってこそ、日々を過ごしてきたんじゃないか?

 この一冊も《深夜食堂》や《孤独のグルメ》のように、すごく臨場感が湧いてくる。著者の柏井 壽(かしわい ひさし)が京都出身なので、京都の景色と魅力を生き生きと伝えていた。良かったなあ。

 二十歳を振り返ると、分からないことが多すぎた。本も町もあまり理解できなかった。だから今は京都の本や映画を借りて、あの秋冬を再認識したい。

のぞみ号のドアが開いた瞬間、熱風が頬をなでた。九月半ばの京都は、まだ夏の続きなのだと思い知らされた。

 この文頭の一句をまた言う機会があるのかな。

0 有用
0 没用
鸭川食堂 鸭川食堂 7.8分

查看更多豆瓣高分好书

评论 3条

查看全部3条回复·打开App 添加回应

鸭川食堂的更多书评

推荐鸭川食堂的豆列

了解更多图书信息

豆瓣
免费下载 iOS / Android 版客户端