有趣的森村诚一

pfujiangel
2008-01-27 看过
不知道为什么书的介绍上写着“日本少女八杉恭子被美国大兵强暴,生下约翰尼”.可是日文版书上写的八杉恭子在自首时是这样说的:“戦火が激しくなっていったん帰郷したものの、一度都会の味をおぼえた身は、とても小さな田舎町に逼塞していられません。復学するために、両親の反対を押し切って再度上京したとき、浮浪者にからまれて困っていたのを救ってくれたのが、ウィルシャーでした。ウィルシャーは黒人というハンディキャップがありましたが、男らしくておもいやりのある、本当にすばらしい人でした。私たちは恋に陥り、そのまま同棲してしまいました。生家には、就職したとごまかしました。そのうちに、ジョニーがうまれたのです。”也就是说,八杉恭子被流浪者围困的时候,救她的是美国黑人大兵。而且此人有男子汉气概又体贴,两人不禁陷入热恋并同居了,然后生下约翰尼.

为什么一家三口没有一起回美国呢?书上写“間もなく、一家が別れるときがきました。ウィルシャーに帰国命令が下ったのです。私たちはまだ正式に結婚していませんでした。当時、米軍は正式の妻以外の女性を、本国に伴うことを許しませんでした。また私の実家は八尾の旧家で、外国人、それも黒

...
显示全文
不知道为什么书的介绍上写着“日本少女八杉恭子被美国大兵强暴,生下约翰尼”.可是日文版书上写的八杉恭子在自首时是这样说的:“戦火が激しくなっていったん帰郷したものの、一度都会の味をおぼえた身は、とても小さな田舎町に逼塞していられません。復学するために、両親の反対を押し切って再度上京したとき、浮浪者にからまれて困っていたのを救ってくれたのが、ウィルシャーでした。ウィルシャーは黒人というハンディキャップがありましたが、男らしくておもいやりのある、本当にすばらしい人でした。私たちは恋に陥り、そのまま同棲してしまいました。生家には、就職したとごまかしました。そのうちに、ジョニーがうまれたのです。”也就是说,八杉恭子被流浪者围困的时候,救她的是美国黑人大兵。而且此人有男子汉气概又体贴,两人不禁陷入热恋并同居了,然后生下约翰尼.

为什么一家三口没有一起回美国呢?书上写“間もなく、一家が別れるときがきました。ウィルシャーに帰国命令が下ったのです。私たちはまだ正式に結婚していませんでした。当時、米軍は正式の妻以外の女性を、本国に伴うことを許しませんでした。また私の実家は八尾の旧家で、外国人、それも黒人との国際結婚など絶対に許すはずがありません。ウィルシャーの再三の求めにもかかわらず、私たちが正式に結婚できなかったのは、そのためです。”即,美国黑人大兵收到回国命令,可是军队有规定,女性的话只能带走正式的妻子。由于恭子的娘家很保守,不能允许涉外婚姻,何况还是个黑人,所以尽管大兵再三请求恭子,恭子也不敢和家人说,于是两人从未办理正式结婚手续。”止むなくウィルシャーは、ジョニーだけを認知して連れて行ったのです。私は、両親を時間をかけて説得し、同意を得てから、ウィルシャーを追いかけていくことにしました。”无可奈何的大兵只好认下约翰尼,把他带走了。两人约定待恭子说服双亲后即来美国。
我觉得奇怪的是,八杉恭子在对小孩约翰尼时很有母性,一家三口的雾积之旅充满温馨,为什么对后来的两个小孩就不管不顾,变成了利用小孩作为工具的母亲了呢?我想这和作丈夫的郡阳平一定有关,可是作者几乎把矛头都指向了恭子,为什么呢?

作者写的刑警栋居的爸爸被ケン(另一名美国大兵)侮辱、殴打时,周围的日本人没有一个人伸出援手,只是麻木的围观、笑。这个场景让我想起鲁迅的文章。
作者喜欢景色优美、安静的雾积,不喜欢喧嚣的东京。他借由静枝的口说出“東京なんかに勤めたお友達の話を聞くと、いいことずくめのようだけど、帰って来る度にみんな顔色が悪くなって、痩せているわ。同じ年輩のお客さんの話を聞くと、お給料だって霧積に比べて決してよくないんよ。みんな体をすりへらして、無理しながらいい格好しているみたい。私、山のほうが好きなんよ、景色も空気もいいし、旦那も奥さんもいい人だし、むずかしい人間関係がないもの。それになによりも、おばあちゃんのすぐそばにいられるもんね。”这就像我的同事,虽然在上海工作,可是却时时想回老家。

为什么有那么多人想去东京呢?从栋居和谷井新子的对话里可以看出,这也是我当初想来上海的原因之一吧。
谷井新子:私、東京へ行きたいとおもとったがです。東京でなあてもいいわ、とにかく、この町から出たいがよ。
栋居:どうしてだい?静かできれいな町じゃないか。ぼくなんかこんな町で静かに暮らせたら、どんなに幸せかとおもうけどな。
谷井新子:あんたら、この町に住んだことがないで、そんなことと言えるがです。私、自分のことなんかだあれも知らんとこへ行きたいが。ちょっと外へ出ても、知っとる人ばっかり。生まれてから死ぬまで知った人たちの中で暮らしたりするが、考えただけでもいやになってくるわ。
栋居:きみは大都会のアパートで病気になってもだれも見舞いに来てくれない、死んでも何日もだれにも知られず放っぱなしにされているような生活がいいのか?
谷井新子:私、おたがいのプライバシーまで知りつくした、こんな猫の額みたいな土地の生活がいやながです。いくら静かで穏やかなとこでも、全然変化のない生活なんかいやだわ。いつか、どっかで野たれ死にするかもしれんけど、地平の外へ飛び出していって、いろんなことしてみたいがよ。だれかここから連れ出してくれる人おったら、いますぐでもついてくかもしれんわ。
ーーきみの考え方は、ひどく危険だーーと言おうとして、棟居は口をつぐんだ。言ってもわかることではない。未知の都会に憧れる若者は、どこで手痛く傷つくまで、故郷のよさがわからないのである。

还有,根据作者对于纽约的描述,他是真讨厌它呀。
ニューヨークへ来ても、彼らはすぐに退屈してしまった。ニューヨークにあるものは、ほとんどすべて東京にあった。東京よりもすべてにおいて、コントラストの強い街であったが、巨大な機械文明の行き着いた極限の姿がそこにあることは同じだった。
機能性、最高と最低の極端な落差、人間不信、車、公害、過密、虚飾、退廃、それらは東京にあったものを、そのまま移したような感じであった。

书中还有一个有趣的人物,森田。他刚出场的时候还真好笑啊。
8 有用
1 没用

查看更多豆瓣高分好书

评论 4条

添加回应

人性的证明的更多书评

推荐人性的证明的豆列

了解更多图书信息

豆瓣
免费下载 iOS / Android 版客户端