書を捨てよ、町へ出よう 8.6分
读书笔记 書を捨てよ、町へ出よう
刘liu

そんなとき、ぼくたちは経済暴力としての一点豪華主義について考えるわけである。住居は、橋の下の毛布一枚でもいいから、欲しいスポーツカーは手に入れる。三日間の食事はパンと牛乳一本にして四日目には「マキシム」へのりこむ。平均化した金の使い方によって得られるバランス的マンネリズムと、可能性の地平線をつき破るのは、この一点豪華主義しかないだろう。单一奢华主义这一部分中文的翻译很有问题。

0
《書を捨てよ、町へ出よう》的全部笔记 5篇
豆瓣
免费下载 iOS / Android 版客户端