心を半分残したままでいる(1) 评价人数不足
读书笔记 第6页
歌留

初めてこの店を訪れたのは初夏だった。力強く白波を立てる海を傍で見るよりも、静良井は格子の窓越しに僅かばかり覗く遠い青に心惹れた。肌寒い三月の終わりの今は、結露した曇りガラス越しにぼんやりと滲んで見える。

初次造访这家店是在初夏。比起在海边看那白浪翻涌,静良井更被透过格子窗所窥见的那一抹远远的蓝所吸引。在有些凉意的三月即将结束的现今,隔着结了霜的窗玻璃,只能看见模糊不清的残影。

0
《心を半分残したままでいる(1)》的全部笔记 1篇
豆瓣
免费下载 iOS / Android 版客户端