色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 7.9分
读书笔记 第76页
魚ノ楽シミ

世界はそんなに簡単にでんぐり返りなんかしません、と灰田は答えた。でんぐり返るのは人間の方です。そんなものを見逃したところで惜しくはありません。そのにべもない、ぶっきらぼうな言い方が緑川の気に入ったようだった。

0
《色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年》的全部笔记 85篇
豆瓣
免费下载 iOS / Android 版客户端