色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 7.9分
读书笔记 第37页
魚ノ楽シミ

その原因を追及して、そこでどんな事実が明るみに出されるのか、それを目にするのがきっと怖かったんだと思う。真相はどのようなものであれ、それが僕の救いになると思えなかった。どうしてかわからないけど、そういう確信のようなものがあったんだ。

0
《色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年》的全部笔记 85篇
豆瓣
免费下载 iOS / Android 版客户端