色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 7.9分
读书笔记 第241页
热心市民钟小强

「泳ぎながら ? 」

「泳いでいるとものがよく考えられるんだ 」

沙羅は感心したように少し沈黙の間を置いた 。 「鮭みたいに 」

「鮭のことはよく知らないけど 」

「鮭はとても長く旅をする 。特別な何かに従って 」と沙羅は言った 。 「 『スタ ー ・ウォ ーズ 』は見たことある ? 」

「子供の頃に 」

「フォ ースと共に歩みなさい 」と彼女は言った 。 「鮭に負けないように 」

「ありがとう 。ヘルシンキから戻ったら連絡するよ 」

「待っている 」

そして電話が切れた 。

0
《色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年》的全部笔记 85篇
豆瓣
免费下载 iOS / Android 版客户端