万葉集 全訳注原文付(四) (講談社文庫) 目前无人评价
读书笔记 五九四
氷見檸檬
笠郎女 我が屋戸の 夕陰草の 白露の 消ぬがにもとな 思ほゆるかも

庭にある夕陰草の葉に置く白露のように、今にも消えてしまいそうなほど無闇に恋い焦がれているのです。

夕方、家の庭で物思いに耽る女のようすが、ありありと浮びます。「夕陰草」は夕方の光の中にほのかに浮かび上がって見える草の意で、彼女の造語であろうと言われています。

0
《万葉集 全訳注原文付(四) (講談社文庫)》的全部笔记 9篇
豆瓣
免费下载 iOS / Android 版客户端