ノルウェイの森 上 9.1分
读书笔记 第212页
Lunar Lunatic

別に何かとくべつな出来事があったわけではないのだけれど、僕はその遠出のことをよく覚えていた。秋の風が耳もとで鋭くうなり、キズキのジャンパーを両手でしっかりとつかんだまま空を見上げると、まるで自分の体が宇宙に吹きとばされそうな気がしたものだった。

0
《ノルウェイの森 上》的全部笔记 21篇
豆瓣
免费下载 iOS / Android 版客户端