嘔吐 评价人数不足
读书笔记 第61页
昙歌

いま私はひとりだ。しかし、完全にひとりではない。いまでもまだ、あの観念が前にいて待っている。それは球体となって、大きな猫のようにそこにじっとしている。それは球体となって、大きな猫のようにそこにじっとしている。それはなんの説明もしないし身動きもしない。ただ、そりゃ違う、と言っているだけだ。そうだ、私は冒険というものを経験したことがない。

0
《嘔吐》的全部笔记 37篇
豆瓣
免费下载 iOS / Android 版客户端