嘔吐 评价人数不足
读书笔记 第18页
昙歌

「変ったことはなにもない」。人間が自分の理性を籠絡しておいていかに偽ることができるかに、私は感嘆する。たしかに変ったことはなにも起らなかった、と言うこともできよう。今朝八時十五分に図書館へ行こうとしてプランタニア·ホテルをでたとき、地面に落ちていた一枚の紙片を拾おうと思ったのだが、なかった。ただそれだけのことで、事件と呼ぶほどのことでもない。そのことに心が深く揺さぶられたのである。自分はもう自由ではないのだそれができそうだ、しかしほんとうを言えば、と思った。

0
《嘔吐》的全部笔记 37篇
豆瓣
免费下载 iOS / Android 版客户端