ねじまき鳥クロニクル〈第3部〉鳥刺し男編 9.0分
读书笔记 第27页
堂本栞

それでもときおり孤独が心を激しく刺した。飲み込んむ水や吸い込む空気さえもが長く鋭い針を持ち、手にする本のページの隅が、まるで薄い剃刀の刃のように白く光って脅かした。午前四時の静かな時刻には、孤独の根がじりじりと伸びていく音を聞き取ることができる。

0
《ねじまき鳥クロニクル〈第3部〉鳥刺し男編》的全部笔记 1篇
豆瓣
我们的精神角落
免费下载 iOS / Android 版客户端