ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 8.0分
读书笔记 第248页
堂本栞

「ねえ、ねじまき鳥さん、ときどき私考えるんだけれど、ゆっくりと時間をかけて、少しずつ死んでいくのって、いったいどんな気分かしら?」

。。。

「でもね、ねじまき鳥さん、人生ってそもそもそういうものじゃないかしら。みんなどこかしら暗いところに閉じ込められて、食べるものや飲むものを取り上げられて、だんだんゆっくりと死んでいくものじゃないかしら。少しずつ、少しずつ」

。。。

「ねじまき鳥さん、私はまだ十六だし、世の中のことをあまりよくは知らないけれど、でもこれだけは確信をもって断言できるわよ。もし私がペシミスティックだとしたら、ペシミスティックじゃない世の中の大人はみんな」

0
《ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編》的全部笔记 1篇
豆瓣
我们的精神角落
免费下载 iOS / Android 版客户端