ぼくたちに、もうモノは必要ない 评价人数不足
读书笔记 埃や汚れは自分自身
胖胖
「掃除をすることは自分を磨くこと」とよく言われるが、これは金言だと思う。部屋に溜まっているのは、埃や汚れではない。埃や汚れを放置した「過去の自分」が溜まっているのだ。「やるべき時にやらなかった自分」が堆積しているのだ。埃や汚れは嫌なものだが、何より嫌なのはそれを放置した「過去の自分」と向き合うことになるからだ。これは辛い。モノを減らし、掃除を簡単にすれば、誰でも習慣にすることができる。毎日「やるべき時にやった自分」と向き合えるようになるから、自分のことが好きになり。自信も湧いてくる。

中译:从小到大我常听人说:“打扫卫生的目的在于磨练自己的心性”。直到今天我才渐渐懂得这句话的真谛。堆积在房间里的不是灰尘污垢,而是放任灰尘污垢堆积的那个“曾经的自己”——“明知该做但却懒得去做的自己”。灰尘污垢令人生厌,然而还有什么比面对过去那个“放任灰尘污垢堆积却无动于衷”的自己更令人生厌的呢?我每每想到此处便自觉羞愧难当痛心疾首。抛弃无用之物,让打扫本身变得简单,无论是谁都能养成打扫卫生的习惯。在当做之时完成当作之事,每天和这样的自己生活在一起能使我对自己的执行能力充满自信。这份自信绝非顾影自怜的无源之水而是通过坚持做像每天打扫卫生这样的小事才一点一滴地在胸中积聚而成。

0
《ぼくたちに、もうモノは必要ない》的全部笔记 34篇
豆瓣
我们的精神角落
免费下载 iOS / Android 版客户端